Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

小川 真由美 の投稿

緊急事態宣言が始まる直前、久しぶりで歌舞伎を見に行きました。

「歌舞伎座に着物で出かける」
なかなか勇気のいることでしたが、
ライフワークとして続けている着物学校の方々と
勉強の一環として出かけて来ました。

「歌舞伎座七月歌舞伎、第一部」を見ましたが、
市川中車、市川猿之助の好演に
美しい衣装、手の込んだ演出、
またコロナ禍ならではの時の話題も織り込まれ、
とても見応えのある演目でした。
観客は検温と手指の消毒をして入場し、
席は一つおき。
舞台の上で顔を出しているのは演者だけ、
黒衣はもちろんのことお囃子衆も着物と同じ色の布で口元を覆うなど、
細心の注意を払っての上演でした。

久しぶりの、正装をして出かける機会でしたが、
平時以上にとても贅沢な時間のように感じて
しばし余韻に浸りました。

出掛けたのは7月初旬。
その後すぐに再度の緊急事態宣言下に入ってしまったので
制約の多い日々が戻って来てしまいましたが、
注意を払った上で心に栄養を与えることは必要だと
改めて思いました。

少しずつガスを抜きながら出口へ向かって。
出口はどこかな。

開幕まで秒読みとなった東京五輪・パラリンピック。

体制が一向に固まらず、応援する方の気持ちもなかなか付いて行かないままですが、

せっかくなら全力で楽しみたい。

ラジオで五輪関連の番組も担当させて頂くので

公式ガイドや五輪本を揃えて研究を始めました。


先週金曜日、東京五輪・パラリンピックゴールドパートナーであるアシックス(7936)が

東京原宿に限定体験型施設「ASICS EXPERIENCE TOKYO」をオープン。

早速足を運んでみました。


1階と2階に分かれたフロアのうち1階が五輪パラの日本選手団応援プロジェクト「TEAM RED」を体験できるフロア。

実はここを訪れるまで恥ずかしながら日本代表のユニフォームさえ知らなかったのですが、

「サンライズレッド」という朝日が昇る力強さをイメージしたという、赤一色。


”サステナビリティ”への取り組みとして、

全国から回収したスポーツウエアを再生した糸から作られたという公式ユニフォームや靴などが展示され、

また”体験型”として、卓球の石川佳純選手とバーチャルラリーができるコーナーがあったり、


陸上の桐生選手のトップスピードにおける一歩(2.36m!)のパネルや、


バレーボール西田有志選手のジャンプの最高到達点(3.51m!)のパネルなど、

代表選手たちの超人ぶりを目の当たりにできる展示もあります。


2階はアシックスの企業としての未来に向けての取り組みなどを体験型で展示しており、

ランニングや歩行、足形などのコンピューター分析など最新の技術を体験できます。

試しに歩行計測をしてもらったところ、

今週はストボとラジオと収録とよく働いたぞー

という金曜前場終わりの疲れ果てたワタシ、

「歩行年齢53歳」という悲しい結果が出てしまいました。

腸腰筋の筋力トレーニングをした方がいいそうです。

はい頑張ります(涙)


密を避ける工夫として、入場にあたっては会員登録が必要で、

入退場をQRコードで管理。今フロアに何パーセントの客がいるのか把握されています。

9月8日までの限定施設。

五輪パラだけでなく、アシックスの企業としての取り組みを学べるいい施設でした。

ご興味ありましたら。


全裸監督

小川 真由美

2021/07/02 11:40

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
友人たちからちらほらと感想・打診・問い合わせが増えてきたので、
ここでもご案内させてください。

山田孝之さんの好演と豪華キャストで話題のNetflixの作品『全裸監督2』が6月24日から公開スタート。
私、出演しています。

『シン・ゴジラ』を含め、これまで何本かの映画・ドラマに出演の機会を頂いていますが、
いったいどこに映っていたのかと質問&尋問&詰問を受けるほどの露出だったので
今回は黙っていました。
しかしどうやらヒトさまにも認識していただける程度だったようで
ホッとしつつ喜んでおります。

私がさせて頂く役は今のところ100%キャスターの役で、
今回も90年代のニュースキャスターの役、
当時の時世を表すニュースをお伝えしています。

以前にも書いたように思いますが、
撮影に臨んでみると改めて、スタッフの多さに驚きます。
監督、助監督、AD、カメラ、音声、大道具、小道具、スタイリスト、ヘアメイク・・・
スタートの声が掛かると、そんな彼らが一斉に息を飲んで役者の演技を見つめます。
こんな中で演技をする役者さんってホントにすごい。
いや、テレビの向こうの視聴者の皆さんを考えると
撮影の現場スタッフより遥かに多い皆さんがご覧くださっているのは重々承知なのですが、
目の前の『目』のプレッシャーたるや。
さらには、この目の中で、共演の役者さんたちと共に自分らしさを出しながら
長いセリフも間違えずに・・・
先輩の大役者を前にNGを出してしまったりしたら・・・
しかも2度3度NGを繰り返しちゃったりしたら・・・
考えるだけで胃が痛くなりそうなので、
想像はこのあたりで収めて私は私の職業を全うしようと思います。

芸能業界に精通している鈴木ともみキャスターが嬉しいメッセージをくれました。
~山田孝之さんが海外に行ったとき「お~っ!Netflix!」と街中で注目されるほどだったそう。
世界に誇れる名作ですよ。~

作品が作品だけに「ぜひ皆さんご家庭で!」とは言いづらいのが玉に瑕ですが(笑)
よろしければ是非。

もう一度念を押します、
私の出演時間はわずかです。


おしまいに、TOTO元社長・木瀬照雄さんの『私の履歴書』
毎日興味深く読みました。
かつてインドネシアのジャワ島を訪れた時、
言葉も文化も分からず心細かった中
真ん中に丸い穴の開いた見たこともない形の便器に見つけた
鮮やかなブルーの文字「TOTO」
日本だ!
涙が出るほど嬉しくなったのを思い出しました。


実家が近いため、月に1〜2度は帰るのが常でした。

かつては犬もいましたし、自分の車も置いていましたし、

何より豊富な海の幸、山の幸を家族と楽しく食べるのが楽しみだったのですが、

それもできない昨今。


ベランダ菜園始めました。


土を買って下に軽石を敷いて、

放って置いても元気に育つ(はずの)ハーブ類を少々。

ミニトマトやゴーヤーなどこれまで数々の失敗も経験して来たため、

「収穫」よりも「緑を見て癒される」のを目的に。

これならズボラでもなんとか育てられそう。


知人に枝分けしてもらったローズマリーを水に浸けて根を生やし、

鉢植え。

数本一緒に鉢植えされたバジルは一本ずつバラして鉢植え。

その他、保険として何に使うかはよく分からないけど絶対に枯れない(はずの)ミント。

サボテンさえも枯らした経験があるため、

何とか育てられそうなものを守りの姿勢で始めましたが、

私の心配をよそにスクスク育っています。


あれあれ?不得手だと思っていた植物の栽培、私以外と得意なのかも。

勘違いしかけた所で気付きました。


そうか、毎日家にいるからだ。


旅行で留守にすることも、

飲みに出かけて水やりを忘れることもなく、

規則正しい毎日。

ベランダでマリーゴールドを育てている元午前さまの友人のことを笑っていたら

自分もそうだと気付きました(笑)


元の日々が戻って来ても、

この気持ちを豊かにしてくれる鉢植えたちを忘れたりしませんように。


ともだち

小川 真由美

2021/06/20 11:35

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
自由に人に会えなくなって1年と何か月かな。
普段会って交流できるのはチーム分けされた仕事仲間と
ごく一部の友人たちだけ。
相手はどう思っているか分かりませんが、とても大切な存在になっています。
相手はどう思っているか分かりませんが。(しつこい)

最近見た映画、
最近見たドラマ、
最近読んだ本、
どうも見るもの見るものいい作品にハマるなと思ったら、
このところ選ぶのは、身近にいる映画や映像、本マニアで、かつ私のことをよく知っている
同僚かつ仲間たちが勧めてくれたものばかり。
ドストライクなはずです。

最近見た映画で気に入ったのは、先日ラジオでもご紹介しましたが『プリティーリーグ』戦時中のアメリカ女子プロ野球のお話です。
映画マニアのスタッフのギシくんが勧めてくれました。

最近夢中になって読んでいる本は、『もしも徳川家康が総理大臣になったら』眞邊明人著。
これは歴史小説仲間の櫻井英明キャスターの推薦。

そしてこのところ夢中になってみているドラマシリーズが『大豆田とわ子と三人の元夫』
スタッフの松川くん推薦。

それぞれ見事に私の好みを捉えてくれました。

休みの日、雨でもないのに1日家にいてゆったり過ごす。
流石に時間の使い方も上手になってきますね。

さて、緊急事態宣言も終わってまん延防止等重点措置へ。
みんな順調に元の居場所、元の生活に戻れますように。

来週から水木金の担当に戻ります。