Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

小川 真由美 の投稿

コロナの影響で唯一と言えるほど悪くなかったのは、ドラマの再放送でしょうか。
人気を博したドラマの再放送。
人気ドラマを見逃してしまうと話題に付いていけず寂しい思いをしていたのですが、
おかげ様で今さらながら色々なドラマの再放送を見て、
当時みんなが盛り上がっていた話題に
ああこのことか!などと納得したりしています。

以前に見たことのあるドラマは懐かしく視聴。
特に豊川悦司さんと常盤貴子さんの手話で話題になった『愛してると言ってくれ』
25年も前に胸を焦がしたドラマですが、
当時のファッションや髪形などの流行も振り返りつつ、
あまりの懐かしさにキュンキュンしながら見てしまいました。

今後楽しみなのは『やまとなでしこ』
松嶋菜々子さんの扮する(当時の表現だと)スチュワーデスが玉の輿を狙って奮闘するドラマ。
これまた20年前!キラキラした時代のドラマ、懐かしくとっても楽しみです。

さて、このところ平日のゴールデンの時間帯に再放送という大胆な作戦を取っていた
『逃げるは恥だが役に立つ』
高視聴率を博し、
ドラマエンディングで流れていた主人公らが躍る“恋ダンス”など社会現象になって
紅白でも歌われ、踊られたのに
見ていなかったゆえ付いていけなかったのです、あたくし。
今回の再放送、待ってました!と飛びついてすっかり夢中になってしまいました。

あらすじなどここでご披露するのもなんなので割愛いたしますが、
星野源さんと新垣結衣さん、
ざっくり言うと契約結婚した2人が共に暮らしているうちに
どんどん惹かれあっていくというストーリー。
全11話の中盤で、“私的大事件”が起きました。

偽装結婚の2人が新婚旅行をプレゼントされ
伊豆修善寺へ旅をします。
この時2人が揺られているのは「伊豆箱根駿豆線」
私が毎日通学で乗っていた電車かつ、
ご縁あって現在の車内アナウンスは不肖・小川真由美が勤めております。

終点が近づくにつれ、揺れる2人の心。
旅が・・・旅が終わってしまう・・・

もももしかして、
「終点、三島、三島です」
私の声が、ドラマの大切な鍵を握ってしまうのか!?
胸キュンキュンから、変なドキドキ&半ば冷や汗で、乗り出すようにして見ました。

結果は・・・

なぜかそこだけ男性の車掌さんの声に代わって終点を告げられるという
残念な結果に終わりました。チーン。

ドラマ『逃げ恥』
ゴールデンの時間の再放送で高視聴率を博したのに、
途中で打ち切って来週から新ドラマ、続きはTverで・・・
としたところ、おそらく最後まで見たいという声が多かったのでしょう。
続きは急遽土日の昼間帯に放送が決まったようです。
尚、TBSの回し者でも何でもありませんが、
再放送も見逃してしまったという方、今なら1話からTverで無料視聴できるようですよ。




ラジオ愛

小川 真由美

2020/06/25 12:20

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
最近の日経夕刊だったかな?
ラジオの人気が高まっているという記事を目にしました。
ラジオ局出身者としてはとても嬉しい記事でした。

私たちストックボイスも、ラジオ局出身の倉澤キャスターが
ラジオ局の後輩や仲間たちを集って
ラジオの放送から始めた放送局です。

テレビに比べてどうも地味な印象のラジオ。
実は私も22歳でラジオ局に就職するまではラジオの聞き方すら知りませんでした。

自分がラジオに出るようになっていろんな局を聴き比べるうちに
好きな番組ができ、好きなパーソナリティーができるようになり、
どんどんラジオの虜になっていきました。

文化放送『吉田照美のやる気MANMAN』の小俣雅子さん
ニッポン放送『笑福亭鶴光の噂のゴールデンアワー』の田中美和子さん
お2人の名アシスタントに憧れ、
電波の入りやすい福島の小高い丘の上まで車を走らせては聞いたものです。
笑い声一つで番組の流れをガラッと変えてしまう技術。
例えミスをしてもそれをプラスに繋げる技など、
アナウンサー歴四半世紀になってしまった今もなお
憧れ続けるお2人です。

コロナの自粛生活の中、ラジオ人気が復活したという理由の一つに
ラジオというメディアの持つ“親近感”があるように思います。
“超イケメン俳優”的な存在だった福山雅治さんがラジオ番組を持った時、
そのあまりに意外な一面にファンがまた一気に増えました。
どんな一面かはここで敢えて申しませんが(笑)

最近私が好んで聞いているのは
いとうあさこさん、壇蜜さん、TBSの安住紳一郎アナがそれぞれ持つ
ラジオのトーク番組。
TVとはまた違う味が出て、実に面白い。
相槌ひとつ、笑い声1つ、間ひとつとっても、ラジオってその人の人柄がにじみ出ます。
いとうあさこさんは昔の記憶力が素晴らしくよく、びっくりするほどいい人で、
壇蜜さんはTVのイメージと違って意外とサバサバ、男らしい。
安住アナは、くだらない知識(失礼)が飛びぬけて豊富で面白い。
習慣になったウオーキングをしながら、
時に噴き出してしまってすれ違う人に白い目で見られたりしつつ
楽しみに聞いています。

雑音交じりだったAMラジオも、いまや素晴らしい音質で、
しかもradikoのタイムフリー機能を使うと1週間まで聞き返せるんです。
夢のような世界になりました。
ラジオの良さをいつまでも忘れずにいたい。

ちなみに・・・
他局ではございますが、ようやく待ちに待ったナイター中継が始まりました。
日常生活のありがたさを噛みしめています。

紫陽花

小川 真由美

2020/06/18 11:55

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
同じ意見を友人がSNSに書いていたのでご紹介します。

「今年は紫陽花が綺麗だ」

実は、私もしみじみ思っていたのです。
紫陽花ってこんなにもいろんな色があって、
こんなにも綺麗だったかなぁ。

おそらく紫陽花としたら
例年と同じように咲いているのでしょうが、
きっと見る人間の心境に変化があるのでしょう。

毎日のように散歩などしながら移り変わりを見ているものだから、
葉と同化して目立たなかった緑がかった蕾が開花し、
土壌の色によって白から赤紫や青紫に変色していく・・・
紫陽花とは美しいものだなと改めて思いました。


ここにも書きましたが、春先、コロナ自粛の入り口では
今年の桜がなんだか物悲しく目に映ったりしました。
ただ、そのうち自宅時間に慣れて散歩が増えたら
次第に草花を愛でる余裕が出てきました。

最近のお供はiPhoneのアプリ『ハナノナ』です。
カメラを向けるとAIが考え込みながら花の名を照合してくれます。

これまでは華道家でもある母に毎回写真を送って聞いていたのですが、
このアプリのほうがもうちょっと、花の名に詳しく、返事も早い(笑)
華道家にも教えてあげました。

散歩が格段に楽しみになりました。

先週のブログに書きましたが、
この自粛生活の間、毎日欠かさずトレーニングのオンラインレッスンを続けました。
体幹を鍛えてしなやかな体を作るというピラティスのレッスンです。
コロナ対策として長年通うジムが始めたプログラムですが、
毎日定時に20~60分のLIVEレッスンを何コマか開催してくれるので、
TVの前にヨガマットを敷き、トレーナーの言葉を聞き、彼らのポーズに合わせてレッスンをするのが楽しみでした。
私が好んで受けていたのは先方の映像が届くだけの“一方通行”でしたが、
ZOOMを使ったレッスンでは、自宅にいながら少人数のグループレッスンが受けられたりして
大人気のようです。

さて、アフターコロナ。
自宅にいながら着替えずメイクせず電車に乗らず受けられるレッスンが、
実はとっても気に入ってしまいました。
もちろん先生たちと直接会って話したりアドバイスを受けたりするレッスンには代えられませんが、
なんだかこのままでも良くなぁい?

毎朝電車に揺られて会社に行くのが当たり前だったのに、
あれ?仕事って意外と家でも快適にできちゃう?
次元はきっとかなり違うでしょうが、なんだか私も気づいてしまったのです。

都心のあちこちにある最新鋭の器具を備えた美しいスタジオで直接プロのレッスンを受けられるからこそ払い続けてきた
決して安くない月会費なのですが、
まだまだスタジオに通うとなるとちょっと勇気が必要だし、
かといってオンラインだけに同額を払い続けるのもちょっと疑問が残るし、
どうしよう、ちょっと悩み時です。

直接その場所に行かないオンライン何某にどれだけの対価を払うか。対価をもらうか。
オンライン授業に、
オンライン出演、
オンラインの習い事などもそうなのかな。
初めてのことで少し悩んでいます。

初めてと言えば・・・
いつも木曜の前場終わりで書いているこのブログですが、
都合により本日初めて『在宅ワーク』で書いてみました。
初めての在宅ワーク。ちょっと嬉しかったりして。





日常生活

小川 真由美

2020/06/04 12:00

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
日常って素晴らしい!!
4月から2班体制でお送りしていた私たちストックボイスも
今週から一同が合流しました。
久しぶりに会うスタッフ、テレビじゃなくてリアルに会えるキャスター陣。
涙が出そうなくらい嬉しかったのは、きっと私だけじゃない。(はず)

在宅勤務明け、今野浩明記者がシュッと精悍な面立ちで現れた時、
称賛の声が沸き起こりました。
毎日一万歩を歩くことを心掛けていたそう。
努力はウソをつきませんね。

今野さんほどではありませんが、
私もコロナ太りだけはしないと心に固く誓い、
秘かに、ちょっと、いや結構頑張っていたんです・・・。
自宅では毎日欠かさずピラティス。
オンラインレッスンで一日も休むことなく体幹トレーニングを続けました。
ラジオを聴きながら、週3ペースでウォーキング。
1~1時間半で、8,000~14,000歩ぐらいかな。
桜からハナミズキ、つつじに石楠花など季節の花を楽しみつつ
シャカシャカ歩きました。
人生で一番運動したかもなぁ。

青天井の食欲もアプリなどを使って必死にカロリーコントロールしたので、
体重も少し減り、
体脂肪はだいぶ減り、
少し健康になったかな。

まだまだ気を緩ませる段階ではありませんが、
以前にも書いたように普段の生活を見直す機会をもらいました。
あとは生活面でもこの努力をキープするよう心がけます。

さて、
今週から曜日担当に変更があり、
明日から金曜の前場も担当させて頂くことになりました。
鈴木ともみキャスターに代わって精一杯努めます。
どうぞよろしくお願いいたします。