Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

小川 真由美 の投稿

枇杷

小川 真由美

2019/06/20 11:45

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
一番好きな果物はと聞かれたら、
枇杷と答えるかもしれません。

初夏のこの時期の果物。
細かい毛に覆われた薄橙色の皮をそっと剥くと
中から現れるみずみずしい果肉。
甘さも酸っぱさもごく控えめなあの果実に
ここまで惹かれるのはどうしてなのでしょう。

曾祖母と裏山の木からもいで食べた幼少期の思い出が重なるせいか、
枇杷を思い浮かべるとなんだかキュンとしてしまうのです。

子供の頃は当たり前のように身近にあった果物だったのに、
スーパーに並ぶ枇杷の高いこと高いこと。

街中のあちこちで枇杷の木を見つけるのですが、
他人様の庭先のものはもちろんのこと、公園などの実も獲ってはいけないのだろうし、
人間が遠慮するうちに鳥たちがついばむ姿を
羨ましく横目で見ていたのでした。

そんな中、枇杷をいただいたんです。
ラジオ番組ゲストから差し入れで。
しかも日本2大産地といわれるらしい房州の献上枇杷。
こんなに大きな枇杷は見たことがないというくらい大きくみずみずしく、
とても美味しく頂きました。
贅沢な贅沢な初夏の味でした。
一番好きな果物は何か。
番組の合間にみんなで話しました。
サクランボ!櫻井さん。さすがお名前通り(笑)
中嶋キャスター、好きなのは梨。
健康のために毎朝食べているのは生のパイナップル、だそうです。
バナナと答えたのは若手スタッフ。
え?君若いのに。
バナナが好きというのはかつてバナナが貴重だったもっと上の世代かと…
と思ってしまいましたが、
簡単に栄養補給ができるからだそうな。
一人暮らしならではかしら。

こんなに枇杷について熱く語ったのに、
わたし、みんなと話しているうちに西瓜とメロンも捨てがたいなと思いました。
もっと暑くなって、
「一番好きな果物は何ですか?私は西瓜です。」
と書く時が来たら、どうぞ今回の文章はご放念いただき、
また新たな気持ちでお読みくださいませ。
末筆ながら、お願いです。
雨の季節。
出かけた先で雨に降られるとガッカリしますが、
時に雨が似合う光景もありますね。

信州・蓼科の高原で、名画のワンシーンに出会いました。

標高1,500mを越える山中、
奥蓼科の温泉に向けて車で上っていると
突然その光景は現れました。

針葉樹の中、雨にぼんやり煙る小さな湖。

「この光景、見たことないですか?」
案内してくれた地元の友人に聞かれてハッとしました。

東山魁夷!!
霧の中、白い馬がそこにいるかのような錯覚を得ました。

かつて、シャープの液晶TVのCMにもなりましたね。

東山魁夷『緑響く』の舞台になったのが、この信州蓼科の御射鹿湖(みしゃかいけ)
諏訪インターから奥蓼科温泉郷に続く「湯みち街道」沿いにある農業用のため池で、
諏訪大社の鹿狩場が名前の由来だそうです。
ひっそりとした佇まいに、もう少し霧が濃ければ見落としてしまったかも。
実際、温泉への道中、行きは感動で眺めましたが、
帰りは霧で全く見えなくなっていました。
雲一つない晴天下だったら、きっとこんなにしっとりとした感動はなかったでしょう。

雨の似合う風景。
雨の季節に訪れたい場所の一つです。


松井証券・三井住友DSアセットマネジメント共催
マネー×ライフから考える”あなたの未来”クロストークセミナー
昨日、おかげさまで盛況のうちに終了いたしました。

投資信託のコーナーでもおなじみ
三井住友DSアセットマネジメントの宗正彰さんとのトークセミナー。
不安に感じていても普段なかなか口にはできない将来のお金の話について
オンラインでも配信しながらお送りしました。

熱心に話を聞いてくださった皆様、
特にストックボイスをいつも見ていると声をかけてくださった皆様、
司会ではなく話し手として登場する初めてのセミナーに緊張気味だった私ですが、
一気に力を頂きました。
ありがとうございました。

人生100年時代、未来のお金について考えるセミナーは今後も開催される予定です。
機会がありましたら是非足をお運びください。

福島の居酒屋から閉店の知らせを受け、
別れを惜しんできました。
姉妹で経営する地元野菜をふんだんに使った手料理の美味しい店。
福島時代からお世話になり、
出張で来た父も、娘の様子を見に来た母も連れて行きましたし、
東京に引っ越してからも頻繁に足を運んでいました。

威勢のいい女性店主、初めて会った時にはベリーショートにねじり鉢巻き。
水前寺清子さんを想像してください。
達筆な筆書きのメニューを店内につるし、
お酒が過ぎる客がいると「帰れ!!」と愛のある毒舌で追い帰す。
それでも店を覗く客は、ひっきりなしに訪れ、
席数少ないゆえに満席でがっかりして帰る人も沢山。
そんな人々を見ながら店内で飲んでいると、
申し訳ない気持ちと、若干の優越感が生まれるという・・・

看板にもありましたが
「一度来たら常連さん」
みんなに愛された店でした。
店主姉妹も年を重ね、だんだん疲れを感じるようになったのだと。
「わざわざ来てくれて、ありがとね」
最後店を出るとき、カウンターから出て送り出してくれる姿に、
あぁ、こんなに華奢な人だったんだなと驚きました。
今後は有機栽培の野菜を使って民泊をするのが夢なんだそう。
福島に行って必ず会える人がいなくなるのは寂しいけど、応援したい夢です。

名物料理のレシピを丁寧に教えてもらって帰路につきました。
懐かしい味を大切に守っていこうと思います。

しーちゃん、はーさん、お疲れさまでした。

人生100年時代。

以前に番組で今野浩明記者が話していた言葉を鮮明に覚えています。
「私が今、50代半ば。就職してから30年ほど働いてきましたが・・・
えっ?人生100年とするとあと40年以上?
長いですね、お金持つかなぁ(笑)」

ですよねぇ・・・。
自他共に認める楽天家の私、
何とかなるさとお気楽に生きてきましたが、
さすがに将来を考え始めました。
年金もアテになりそうにはないし、フリーだから退職金もないし。
周りにもそんな友人がゴロゴロ。
飲んだりすると必ず将来の不安の話が出ます。
そろそろみんなで考えようか。

そんな私の関心事ど真ん中のセミナーにお声掛け頂きました。

「マネー×ライフから考える”あなたの未来”クロストークセミナー
毎週水曜14時からの投資信託コーナーでもおなじみ
三井住友DSアセットマネジメント”宗さま”こと宗正彰さんに
クロストーク形式でお話を伺うことになりました。

口に出さなくても、同じような不安を抱えている人、
世の中には沢山いると思うのです。
熟練投資家の方はもちろんですが、
投資初心者の方など特に、誰に相談したらいいか分からないですよね。
投資初心者の方がこのブログを見てらっしゃるかしら?
という不安は、自分のtwitterに貼り付けることで解消してみます。

質問も受け付けるそうなので、
何より私自身がとても楽しみにしています。

6月5日(水)18:30~20:00
東京駅八重洲口から徒歩3分
会場はベルサール八重洲です。
先着100名限定の事前申込制セミナー。
お申し込みは松井証券HPからお願いします。