Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

小川 真由美 の投稿

人がよく集まってくれる家で、定期的にテーマを決めては食事会をしています。

先週末は、米国から帰国直後の友人を迎えたため
テーマは「家庭料理」
海外ではなかなか食べられず、
さらに日本滞在中はきっと仕事関係の接待で高級和食などを口にされると思ったので
店では決して出て来そうにないものを考えました。

刻んだ椎茸・人参や高野豆腐・かんぴょうなどの乾物を甘辛く煮て酢飯に混ぜた五目寿司、
錦糸卵乗せ。
切り干し大根の煮物や
里芋の煮っころがし
手作り蒟蒻のピリ辛煮に
大根の千枚漬け
母手製のたくあん

子供の頃、こんなメニューが食卓に並んだら「ちっ、今日は冴えないな」
間違いなくがっかりしたであろうすこぶる地味な茶色系のメニュー構成に
メインは鶏ガラを煮出して香味野菜や干し椎茸でスープを取った野菜たっぷり鶏団子鍋。

幸い、私の友人たちも私と同じように年齢を重ねてきている為
最近この手のヘルシー系メニューでもクレームが出ず
しみじみ食べてくれるようになりました(笑)

米国在住氏「こういうの、なかなか食べられないからものすごく嬉しい!!」と
大いに喜んでくれ、柔道部の合宿かと思うほど沢山食べてくれました。
鶏団子鍋、丸ごと鍋4杯おかわり。
作り甲斐があります。

しかしながら、
一番喜んでいたのは納豆(わたし、混ぜただけ)
彼の住む街では納豆一パックが3ドル以上。
高級品でなかなか手が出ないのだそうです。
さらにちなみに、お出ししたのは3パックで68円の安売り納豆、ごめん。
なんだか複雑、だけど喜んでくれたから、ま、いっか。

のおもてなし会でした。


「中国でアコースティックピアノが売れ行きを伸ばし、
ヤマハ(7951)の業績が順調である」
昨日の東京マーケットワイドで取り上げました。

アコースティックピアノとは何ぞや?
エレキギターに対し、アコースティックギター=いわゆる普通のギター、
つまり
電子ピアノに対し、アコースティック=いわゆる普通のピアノ、
ははぁ、家庭によくあるタイプのピアノのことですね~。
今やほとんどの家庭で洗濯物置きになっちゃったりしているアレですか。
という話で盛り上がりました。
かつて子どもが習っていたピアノ、どうするか問題は
多くのご家庭で抱えていらっしゃるのではないでしょうか。

我が家にも電子タイプ、エレクトーンですが、どーんと存在感を放っているものが一台あります。
末の弟が幼少期、習いたいと言ったから母が奮発しちゃったもので
案の定、ほどなくして弟が稽古を辞めてからは家の中で邪魔者扱い。
どこに置くか散々揉めた上で、私が家を出た後これ幸いと私の部屋に置かれました。
処分の話も出たのですが、
「高かったのよ、よよよ・・・」という母の反対で、
邪魔だなぁと思いながらも、上に物を乗せて部屋に置いておりました。

あれから30余年。
現在甥っ子や姪っ子が兄弟で弾いては楽しそうに遊んでおり、
「ほら、ごらんなさい」と母。
「用なき物にも用あり、ってよくおばあちゃんが言ってたもの」得意気です。

用なきもの、沢山ありますが、
この度突如槍玉に挙がったのが私のお雛様です。
今小川家で飾られるのは、姪っ子の今風のパステル調の色合いの親王飾り。
「そういえば、真由美のお雛様、もう何年も仕舞ったままだわねぇ」
物置の中でひっそり出番を待ち続けた我が雛人形、
よくよく考えてみるとこの先出番はあるのだろうか・・・
考え始めたらただ場所を取っているだけの存在が申し訳なくなってきて、
だからといって処分するのも忍びないし。

子供の頃、見上げていたお雛様といつしか同じ目線になったこと。
護衛の人形の刀を抜いて弟たちとチャンバラごっこをし、
人形の首が取れてしまって叱られたこと。
色んな思い出が詰まっている雛人形に、今度は私がしがみついています(笑)
どうしようかなぁ・・・。

ピアノ問題にお雛様問題、皆さん、どうされているのでしょうか。

先週、弟一家の愛犬を看取りました。16歳でした。

たまたま近くに居合わせた折、甥っ子が犬の名前を叫ぶ声で駆け付けると
既に弱々しい息。
老衰でこのところほとんど食事も水分も受け付けなくなっていたのですが、
弟夫妻が仕事に出かけていた時間帯、
母も呼んで、最期は3人で看取りました。
眠るような最期でした。

小5の甥っ子は時折泣きじゃくりながらも、
背中をさすってやったり、スポイトで水分を与えたり。
自分が生まれた時には既に家にいた相棒を気丈に見送っていました。

我が家の愛犬はワガママ放題だったので、犬によってこんなにも違うものかと一家で驚いたのですが、
弟のお嫁さんが嫁入りのときに連れてきたこの犬はとても我慢強く、
自分より後に生まれた子供たちのお兄ちゃん分。
分別の付かない子供に食べ物を取られても毛をむしられても乗られても、
奥歯を噛みしめてじっと我慢。
子供が転んだりするととても心配し、子供たちの成長を見守ってきました。

人間よりはるかに命が短い犬。
別れはとても辛いですが、子供たちにもたくさんのことを教えてくれました。
もっと散歩に連れて行ってやればよかった
もっと遊んでやればよかった
今しきりに悔みつつ、
兄弟喧嘩をしそうになると
「彼が見ているから喧嘩はやめようね」と互いに言い聞かせているそうです。

死してなお、沢山のことを教えてくれているようです。
寂しくなりました。
自分たちの職場がドラマの舞台になるという貴重な経験を
今、しています。

先週からスタートした土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」
野村証券のCMでもおなじみ坂口健太郎さん演ずる若手弁護士が
冤罪を晴らすべく奮闘しますが、
彼の所属する弁護士事務所が入る建物として
我らが日証館が使われています。

そういえば昨年末あたり、週末オフィスがお休みの日を狙って何度か撮影申請が出され、
事前に通知された人数があまりに大勢だったので
一体何のロケなのか?
いろんな憶測が飛び交っていたのです。

ドラマが始まってなるほど納得。
日証館が出てくるたびに歓声をあげながら見ています。
(ドラマのストーリーに関係ない)

「日証館」
兜町の旧渋沢栄一邸跡地に1928年に建てられた建築物。
鉄骨建築の先駆者と言われた建築家・横河民輔によるもので、
横河民輔は横河グループの創業者、横河ブリッジ、横河電機などを作り出した人物である。
とは、ドラマのお陰で知りました。

歴史ある建造物とは知っていましたが、そうですか、我らがオフィスビルは90年選手でしたか。
もちろん内部は改修や耐震工事などが丁寧に施された近代設備。
現在は平和不動産の管理ビルになっており、
私いつも感心してしまうのが、メンテナンスの素晴らしさ。
昭和建築の大理石は常にこれでもかというくらいピカピカに磨き上げられており、
歴史を経た現在もなお素晴らしい建物です。

ドラマで使われているオフィス内部はおそらくドラマセットと思われますが、
時折映る我らがオフィスビルが誇らしいですね。
家族や友人に自慢したい気分。ただ一つを除いては。

ドラマの設定は零細事務所が入る古ぼけたビル。
丸の内や日本橋、六本木などきらびやかなオフィス街に事務所を構えることが出来ずに
この古いビルにようやく構えた感ありの弁護士事務所。
足の踏み場もないほど山積みにされた資料というのは、どことなしに親近感を感じないでもないですが、
日証館、そこまでボロくないですわ。
なんて話で水曜は櫻井キャスターと、木曜は中嶋キャスターと盛り上がりました。
(意外とご両人ご覧になっている)

オフィスビルのため残念ながら一般公開はしていませんが、
ドラマで弁護士事務所が出てきたら
「お、ここか」
と思ってください。
櫻井キャスターご執心の“渋沢栄一ゆかりの赤石”も第一話ではチラリと映りました。

ただし、もう一度念を押しますが、我らがオフィスビル、あそこまでボロくないです(笑)
先週、お雑煮談議に花を咲かせるうちに、
話題は味噌汁にも及びました。

お雑煮の流儀は家庭によって様々。
では、さらに日常にフォーカスして、味噌汁の具で好きなのは何か。

色々な人に聞き取り調査をすると、またしても面白い傾向が出てきました。

全体的に大きく2つの派閥に分かれること。
①わかめ豆腐油揚げネギ派
②じゃが芋派

①の派閥は、(私コチラ)
わかめ&豆腐であったり、
豆腐&ネギであったり、
組み合わせ色々。

②の派閥は、
主にじゃが芋&玉ねぎ。

個人的イメージで男性は”芋系”が苦手な人が多いのかと思っていましたが、
この②の派閥、男性に非常に多かったです。
私も子供の頃は大の芋好きで、
お味噌汁の具がじゃが芋、里芋、さつま芋などの日は小躍りしたものですが、
大人になるにつれて少々苦手意識が出てきました。
甘みが苦手になってきたんでしょうかね。

切り方ひとつとっても各家庭ごとに暗黙のルールがあるようですね。

例えば我が家では、
大根と油揚げの味噌汁では、大根は必ず太めの千切り。
これがいちょう切りだったり乱切りだったりしたら違和感がありますし、
いつもは薄切りの玉ねぎがみじん切りで入ってきたら
「母さん、どうした?」母の顔を覗き込んでしまうことでしょう。

また決して入ってこない具というものもあり、
潮汁や豚汁など特殊なもの以外は
肉も魚もほとんど入れません・・・よね?
鶏肉や牛肉が入った味噌汁、想像できないなぁ・・・。

時折確認しつつ書いているのは、もしかしてこれはウチだけなのかもしれないという不安が
先週来抜けきれないからです。

今週も登場させてごめんなさい。
中嶋キャスターの一番好きなお味噌汁は
じゃが芋&玉ねぎ&人参!!だそう。
「えぇぇぇーっ!?人参をお味噌汁に入れるのですか??
豚汁なら分かりますけど・・・」
「えぇっ!?小川家では人参を入れないのか?試してみなって、美味しいから。」
「嫌ですー!」
今週もスタッフやゲストを巻き込んで大揉めの、好きな食べ物トーク(笑)
揉めながら話す大人気ないトークがとても楽しかったりして。

あなたの好きな味噌汁の具は何ですか?
今週も色んな人に調査してみましたが、
共通して言えるのは、
みんな一様に嬉しそうな表情を浮かべて考えていました。

日本の空港に降り立った瞬間、
醤油あるいは味噌のような匂いがするという嘘か本当か分からない話を聞いたことがありますが、
過去最多となった3,119万人の訪日客の皆さんも、
こんな日本の心、ソウルフードの香りを感じ取ってくれたでしょうか。