Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

小川 真由美 の投稿

今年は西瓜が壊滅的でした。
我が家の畑。

夏の初めに続いた低温&長雨の影響で、 
蔓にゴロゴロとなっていた実は、ほとんどが完熟する前に溶けてなくなってしまいました。
天候を恨むわけにはいきませんが西瓜好きとしてはとても悲しい。
いつもならこの時期に食卓を賑わす茄子も全滅。
茎がダメになって、なっていた実も成熟する前にこれまた全滅してしまいました。
逆に雨が続いて生き生きとしているのは里芋。
トトロの雨傘ができそうなくらい、葉が青々と大きく育ち、天を目指しています。
雨に強い野菜、弱い野菜があるのですね。
これは長期の話。

長雨が去って、代わりにやって来たのは日照り。
刺激を増したのは生姜です。
雨が少ない時期には辛くて筋っぽくて、
そのままではとてもとてもかじれないほど刺激的になってしまいました。
どうやって食べようかと思案していたら先週の大雨。
実にみずみずしいフレッシュな新生姜に変身、
今週みなさんにおすそ分けしたところ、喜んで頂けたようです。
一週間でこの変化。雨の恵みってすごい。
これが中期のお話。

短期では・・・
野菜は一日のうちで朝採るのが一番美味。
朝露を含んで、みずみずしさが全く違います。

そんな繊細な野菜たちに比べ、
どんな気候にも負けず安定的な成長を遂げているのは雑草です。
雨が続こうとも日照りが続こうとも、
大地に根を張って力強く生きています。

そして、そんな雑草たちとせっせと戦う人間でありました。
大きくなりすぎた朝採り完熟胡瓜の皮を剥いて種を取り、
酢の物にしたのがこの時期の家族の大好物です。
コリコリポリポリ、熟れた胡瓜とは美味しいものだとしみじみ。
青柚子を散らして。

NY市場今年最大の下落というニュースに今朝は一気に目が覚めましたが、
日経平均はマイナスながらも高値引け。
少しホッとしました。

さて。
「お盆休み」という言葉がピンときません。
生まれ育った伊豆のお盆は8月1~3日。
就職したマスコミ業界も暦とは関係のない世界だったので、
いまだにいつからいつがお盆休みなのか・・・
東京から人がいなくなって、
地元に帰省してくる家族や友人たちと会うと
世の中「お盆休み」なのだなぁと実感する流れです。

そんな世間の「お盆休み」に合わせて
実家に家族が集結、大人も子供も溢れる大賑わいとなりました。
やっぱり子供は子供同士がいいのですね。
久しぶりの従弟集結に子供たちは大興奮。
都会に住む子供たちと田舎に住む子供たちが互いに遊びを教えあって大はしゃぎしていました。

面白い現象が一つ。
普段は都会暮らしをしている5歳の甥っ子はちょっと繊細なタイプ。
虫やトカゲなどを怖がるのですが、
2~3日のうちにすっかり変身します。
自ら捕まえたカタツムリを手に這わせ、
飛ぶ蚊をパチンと仕留め、
畑のトマトは洗ってないから食べないと言っていたのに、
トゲトゲの胡瓜を自分でもいで服で拭いて齧り付いたり。
見事な野生化に親は大喜び。

極めつけは彼の父親が川で釣ってバケツに入れてきた魚でした。
怖がるかと思いきや、しゃがみこんでバケツに手を入れ、
泳ぎ回る魚を手で掴みます。
思わずヨダレを垂らしたのには大人たち大爆笑。

田舎の自然の中で子供は育つようです。
小学生になったら、彼らはどんな光景を絵日記に描くのでしょうか。

グリーンカーテン、今年はゴーヤを抑えてホップが幅を利かせています。
実も可愛いし、なかなかのおススメです。


久しぶりに明るいニュースが席巻していますね。

渋野日向子選手全英女子OP優勝、シンデレラスマイル。
お母さんのインタビューで
「お世辞にも、あの、美人タイプではないので、笑顔を大事に育てました。」
すごく素敵な教育方針だと思いましたし、
お父さんお手製のおにぎりや差し入れの駄菓子を食べながらのリラックスした表情のラウンドに
心の強さを羨ましく思いました。
笑顔は人の心を柔らかくしますね。
翌日のお弁当から“昆布おにぎりブーム”到来の単純な私。

小泉進次郎議員と滝川クリステルさんの結婚を知らせてくれたのは生放送中、
CMの間の櫻井キャスターでした。携帯にニュース速報が来たそう。
直後のグレイステクノロジー(6541)の株価急騰には思わず笑ってしまいましたが、
CMに滝川クリステルさんが出演しているマニュアル作成企業、
投資家の皆さんの反応の速さはさすがでした。
2人のにこやかな会見、心が和みました。

このところTVを付ければ暗いニュースばかりだったので、
久しぶりに明るいニュースが席巻するのはいいですね。

今朝見上げた空には鱗雲が広がっていました。
今日は立秋、暦の上では秋を迎えます。
暑さはまだまだ続きますが、皆様どうぞ夏バテに気を付けてご自愛ください。


プロの風

小川 真由美

2019/08/01 11:40

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
あれは海の日の前後、
夏のわりに気温は低く湿気は多い、深夜の出来事でした。

そろそろ、フル稼働の季節だな。
何の気なしに覗き込んだエアコンの奥に・・・
見てしまったのです。

小さな黒っぽい点々
あれはまさか、カ、カビ!?
きゃあぁぁ~~~っ!!

定期的なフィルター清掃に加え、スプレータイプのエアコン洗浄剤で半年に一度は掃除。
綺麗にしていたつもりでした。
慌ててカバー部分を開け、中をアルコールで拭きながら思いました。
表面に表れているということは、きっと内部にも及んでいるに違いない。
表の空気を取り込んで、湿気の少ない軽やかな空気に換えて部屋を潤してくれているはずのエアコンが
部屋中にカビの胞子をまき散らす恐ろしい存在に感じられてきて眠れなくなり、
真夜中に必死のネット検索、
プロによるクリーニングを依頼してみました。

タイミングが良かった。
本格的な暑さがやってくる直前だったので、
大手家事代行会社のスタッフさん、早くも翌々日に来てくれました。

プロによる清掃。
エアコンの一部を分解して特殊洗剤を吹き付け、
しばらく置いたのちに高圧洗浄機の水圧で丸洗い、汚れを吹き流します。
自己流の清掃ではこの洗い流しが不十分なため、
結果的に奥に埃が溜まってしまうのだそう。
この水気を含んだ埃がカビを生み出す原因になるのだそうです。
汚水を集めたバケツは想像通りの色でした。

清掃後、なんというかな、風が全く違うのですよ。
爽やかで気持ちいい!
気分的なことは別にしても、
同じ28度のエコ設定だと寒く感じられるほどの効き。
プロによるプロの清掃は
壁掛け式1台、所要時間およそ2時間で料金1万2,000円ほど。
高いか安いか、感じ方は人それぞれですが、
最近の出費の中で一番価値のあるものだったと私は心から思いました。

あまりの感動でSNSに書いてみると、気になっている人、多いのですね。
何人かから具体的なことを教えてくれと直接問い合わせがありました。
同じエアコンを使い続けている実家にも発注。

業者さん曰くですが、
清掃の目安はよく使う部屋で1年に一度、
通常の部屋だと2年に一度、
使用頻度の低い部屋で3年に一度がおススメだそうです。
私は機種変更して6年でした。
暑さが本格化して発注から施工まで時間が掛かるにようになってきてはいますが、
あの汚水を見て、このフレッシュな風を浴びたら、少し待ってでも頼んだ方がいいですよ・・・
と勧めたくなるプロの技でした。

夏は来ぬ

小川 真由美

2019/07/25 12:00

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
櫻井キャスターの昨日のアイディアをタイトルに頂きます。

雷鳴と共に真夏がやって来ました。
冷夏に悩まされ、野菜価格も高騰。
どうなってしまうのかと心配していたものの、
いざジリジリと照り付ける太陽の光を浴び、
暑さを助長させるミンミンゼミの大合唱を聞くと、
暑いな・・・げんなり
人間なんて勝手なものです(笑)

冷やし中華にかき氷、西瓜もようやく美味しく食べられる季節がやって来ました。
暑さを楽しみながら、夏を満喫しようと思います。

皆様、夏バテにはご注意ください。

タイトル 投稿者 投稿日時
長期・中期・短期 小川 真由美 2019/08/22 12:00
野生児のススメ 小川 真由美 2019/08/15 12:00
明るいニュース 小川 真由美 2019/08/08 11:50
プロの風 小川 真由美 2019/08/01 11:40
夏は来ぬ 小川 真由美 2019/07/25 12:00
真由美 小川 真由美 2019/07/18 11:40
超特盛 小川 真由美 2019/07/11 11:50
win winの投資手法とは!? 小川 真由美 2019/07/04 12:01
ストックボイス15周年 小川 真由美 2019/06/27 12:15
枇杷 小川 真由美 2019/06/20 11:45