Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

鈴木 ともみ の投稿

11月最後の『Tokyo Financial Street』では

馬渕 治好さん(ブーケ・ド・フルーレット 代表)をゲストにお迎えしました。 


中間選挙後の米国取材を終えた馬渕さんによれば、

国際金融都市であるニューヨークと全米の動向が集まるワシントンとでは、

米国の社会・経済動向の見通しについて差があるとのこと。 


今年一年の国際情勢の総括と来年の見通しについて

詳しく解説していただきました。 


今回も世界経済をテーマとした中身の濃いお話を展開されるなかで、

馬渕さんと言えば、和洋折衷のダジャレキング☆ 


この番組の中で何回ダジャレが飛び出したのか…

その答えはエンディングで明かされています(^.^)

11月30日(金)『Tokyo Financial Street』放送分

11月に入りましたね!

2日(金)の『Tokyo Financial Street』ではNYを始め世界各国で活躍する

ジャズピアニスト・作曲家の宮嶋みぎわさんをゲストにお迎えしました。

プロデュースに関わったアルバムが二回もグラミー賞にノミネートされるなど

日本を代表するトップアーティストの方です☆


経歴もユニークで上智大学をご卒業後、リクルートにご入社。

住宅広告制作、ITエンジニア、旅行雑誌編集などを務められ、

30歳の時に 音楽家に転身。「脱サラ音楽家」というユニークな表現もされています(笑)。


独学でプロの道へ行かれ、作曲家・ピアニスト、

そしてNYで52年の歴史を持つThe Vanguard Jazz Orchestraの日本ツアーやアルバムを

10年に渡りプロデュースするなど、プロデューサーとしても活躍されています。

2012年にからは、 文化庁新進芸術家海外研修制度・研修員として米国NYに移住。

日米双方で精力的に活動されています。 

 

国際金融都市を目指す東京については、

例えば食事が多様化に対応していなかったり、

電車の中で誰もかれもが黒いスーツを来ていたり…。

「国際化は多様化なのに、日本は多様化する気がないように見える」とのご指摘も。。。


本当にパワフルなトークを展開してくださいました!

オンデマンドはこちらにて☟

11月2日(金)放送『Tokyo Financial Street』


19日(金)放送の 

『Tokyo Financial Street』(STOCK VOICE TV 17:30~18:00) 

のゲストには日本を代表するジャズ・トランペッター、 

洗足学園音楽大学 教授の原朋直先生をお迎えしました。


オンデマンドでもご覧いただけます☟

『Tokyo Financial Street』19日(金)放送分


 東京証券取引所が開催する初のJAZZイベント 

でも中心的な役割を果たされた 原さん。 




『JAZZ EMP@Tokyo Financial Street』が成功した今、 

音楽家のお立場から「金融と音楽の融合」とその可能性や、 

国際金融都市であるニューヨークやロンドンなどでは 

JAZZが 広く親しまれていることから、 

金融都市とJAZZの相関性についても伺いました。 

 

原先生の活躍を特集した『情熱大陸』では、 

原先生がジャズに留まらず、クラシックの演奏にも励まれ、 

『JAZZ×クラシック』融合に挑戦されている様子を拝見しました。 

北野武監督の映画『ブラザー』やNHK-BS『ワールドニュース』の 

オープニング・テーマの演奏もとてもかっこよく、 

人の心に響き胸を打つ 

そのトランペットの音♪に酔いしれました。 

 

次回のご出演時には、ぜひとも素晴らしい演奏を 

お聴かせいただける機会に恵まれればなぁ…と思っております☆ 


2018年9月29日、東京証券取引所にて初の試みとなる 

『JAZZ EMP @ Tokyo Financial Street』が開催され、 

お陰様で大盛況で幕を閉じました。 




私は総合司会でお手伝いさせていただきました。 

(9月29日(土)はストボ東京フォーラムの日でしたが

私は『Tokyo Financial Street』を背負って(?)孤軍奮闘、

東証アローズにてお仕事をしておりました 笑)。


東証アローズにはたくさんの方々にお集まりいただき、

また、総勢28名のミュージシャンの皆様には 

素晴らしいパフォーマンスを繰り広げていただきました。 




MCをしながらずっと感激&感動の連続でして♪





観客の皆さんからも拍手喝采、とても楽しんでくださったようです。



その流れを受けて先週末5日(金)放送の『Tokyo Financial Street』では 

『JAZZの広がりと米国経済の歴史』について、 

大阪経済大学 客員教授の岡田晃さんに解説していただきました。 

 

10月5日(金)放送『Tokyo Financial Street』


『金融×アート』プロジェクト&『JAZZ EMP @ Tokyo Financial Street』は

着々と進んでいますので今後もぜひともご期待くださいませ☆


9月29日(土)ストボフォーラム東京が開催されますね☆

年に一度の一大イベント!!

当選された方は、ぜひともお気をつけて日経ホールまでお越しくださいませ。


残念ながら抽選に漏れてしまった皆さまは、

生放送を通じてのこぼれ話など、いろいろと発信されることと思いますので、

様々な機会でお楽しみいただければと思います。


そして、東京のお申し込み締め切り日を過ぎましたので、

ここで告知をさせていただきます。


実は9月29日(土)は、東京証券取引所でも一大イベントが開催されます♪

その名も『JAZZ EMP@Tokyo Financial Street 2018』!!



「証券・金融の街」「事始めの街」として繁栄してきた日本橋兜町・茅場町にて、 

初めての試みとして、「JAZZ EMP(*) @Tokyo Financial Street 2018」が開催されます! 

日本経済の中枢としての役割を果たし、 

将来の日本経済を牽引する企業の成長を支援するEM(Emerging Market:新興市場)も 

運営している東京証券取引所に、未来のジャズシーンを担う、 

もう一つのEM(Emerging Musicians:新興ミュージシャン)が一同に集い、 

熱いメッセージを奏でる一大イベントです。 

*Emerging Musicians Program(新興ミュージシャン育成プログラム)の略称


私が総合司会を務めさせていただきます。


こちらはまだお申込み締め切りを迎えておりませんので

ご興味のある方はこちらまでお願いいたします!

【『JAZZ EMP@Tokyo Financial Street 2018』お申込み】

(尚、こちらも抽選となりますことをご了承くださいませ)。


ぜひとも『Tokyo Finanial Street』の展開も

応援していただければと思います☆