Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

松下 律 の投稿

Sell in May?

松下 律

2021/05/14 08:20

D5718516 997a 49b1 b8ed 3b901c12c91b castphoto15 matsushita

SQを前に急落

 GWの連休明け3日間で日経平均の上昇幅は706円、その後昨日までの3日間の下落幅は2070円、でした。まさにセル・イン・メイだったか、といった感じでしょうか。


 昨日の日経平均の終値は27440円、昨年末の日経平均は27444円でしたから、今年の上昇分を昨日時点でほぼすべて失った計算です。

とはいえ、昨年の大納会での東証トップの挨拶の中の、「あっさりと27000円を上回った」というコメントを思い出せば、日経平均の水準はまだそんなにひどいものではない、ということになりそうです。


 今年を振り返りますと、日経平均は2月16日の高値30714円を高値として、ここまでで4回2000円規模の下げを経験しています。


 この間のチャートを見ますと、上値と下値が徐々に切り下がっていますので、日経平均は全体として、昨年春のコロナショック以降、特に11月から今年2月中旬までの上昇トレンドを描いた局面とは明らかに違うものになっている、と見るべきなのでしょう。


 ただ、今週の大幅下落に対しても、ファンダメンタルズの悪化から来る相場下落、という感じはあまりしないように思います。


 もちろん、米国経済が回復順調でややインフレ気味になっており、米政策金利の引き上げにつながるかもしれない⇒高PERのハイテク株下落⇒日本株下落、といった連想が働くこととか、日本の場合はコロナ感染者数の増加が心配、といったことはあるのでしょうが、企業業績は明らかにコロナショックから立ち直りつつありますし、日本でもこれからワクチン接種が本格化することは確実ですから、この先半年から1年後の経済状況が非常に懸念される、といったことでもなさそうです。


 今週の下落もどちらかと言えば今年2月の下落局面と同じ性格のもの、ただし、買われ過ぎて来た半導体関連銘柄とか、ネット関連企業の株価は、米国で一部議論された「フロス」だったので、少しきつい下落を見るのかもしれない、といったところではないでしょうか。


 今週の大幅下落は、投資の観点から見れば、買われ過ぎて「フロス」状態にまでなっていたグロース株を一部売っていた、という人から見れば何の問題もなし、売ってポートフォリオを軽くしようと思っていたのだが、し損なっていた、という向きに残念な相場だった、というところではないでしょうか。


 一方、投機の観点から見れば、この下げ(ショートポジションを取ることで利益をあげられた状況)を活用できたかどうか?で、満足、か、あるいは地団駄踏む思い、か、大きく分かれるのでしょう。


決算と株価の反応

 3月期決算会社の決算発表が今日でほぼ終わります。今回の決算ではさまざまな驚くようなことが起きました。企業によって明暗が鮮明だった、ということもありますし、発表された数字(実績と見通し)に対する株価の反応もなかなかに複雑なものでした。


 トヨタは2兆円を超える最終利益を計上してさすがの貫禄でしたし、見方はいろいろあるもののソフトバンクGの5兆円近い利益は驚くべきもの、と言えると思います。


 今日の放送でも投資と投機の観点をはっきりさせた上で発表される決算と株価の反応を見てみたいと思っています。


2021年5月14日

証券アナリスト

松下律

GW明け

松下 律

2021/05/07 08:20

D5718516 997a 49b1 b8ed 3b901c12c91b castphoto15 matsushita

ジンクスどおり・・

 月末高⇒月初高が確かに続いているのだな、と思わせるGW明け大幅高の昨日の日本株相場でした。


 日本のGW中に米国ではDJIAが史上最高値を更新となりましたから、景気回復⇒企業収益好調⇒株高、という順調な推移なのですが、今一つ盛り上がりに欠けるといった風でもあります。


 GW中、さほど大きなニュースや材料はなかったような気もしますが、いくつか注目した事柄はありました。


・米国経済指標

4月のISM製造業、非製造業景況指数は、どちらも60%超えの好調持続でしたが、3月の数字及び予想には届かず、米景気は好調ながら勢いが鈍りつつある、という想定内の結果だったようです。それを受けての米長期金利の落ち着き、と見るところなのかもしれません。


・イエレン長官の(不規則)発言

 財政支出を大幅に拡大するわけだから長期金利が上昇することもあり得る、といったニュアンスだったのかどうか、分からないところですが、発言を受けて金利が上昇し、NASDAQ指数が下落した、という解説があったようです。


 イエレン氏については、FRB議長だった頃、米国株価下落に際して金融政策面から支えるはず、という「イエレン・プット」などということが言われたものでしたが、反面、「そうともイエレン」というオヤジギャグもあって、今回のその伝かな、と思った次第でした。


 いずれにしましても、別に金融引き締めを示唆したということもなく(今は財務省の長官なわけですから当たり前ですが)株式相場への悪影響も限定的でした。


 ただ、米国経済の現状と株式相場からすれば、2013年のバーナンキ・ショックのような局面が到来してもおかしくはない、(あるいはそういう相場の波乱を待っている向きも多いかもしれない)ということはあるでしょうから、これからもイエレン長官、パウエル議長の発言には注目でしょう。


・暗号通貨価格の乱舞

 暗号通貨市場が今回のバブルの大舞台の一つ、ということを改めて知らされたでしょう。


 以前ですと、ビットコイン価格に注目、となったのでしょうが、少しずつ様子が変わって来たようで、GW中に価格上昇が目立ったのはビットコインではなくて、イーサ、とかビットコイン・キャッシュ、そしてどれよりもドージコインという聞きなれない名前の暗号資産でした。


 こんなものの価格を信じられない高さにまで引き上げるパワーが投機的資金にはあるのだ、ということを思い知るいい出来事だった、ということかと思います。


投資A/Cで思うこと

 先週、株式運用の口座を二つ(あるいはそれ以上)持って、ひとつは投資口座、もうひとつは投機口座として「はっきり分けて」管理すると面白いかもしれません、という話をしました。


 そういう風に、投資と投機をはっきりと口座まで分離して実行している、としまして、さて、現時点で投資口座における議論の焦点は何だろうか?と考えてみます。


 いろいろあると思いますが、おそらく以下のようなことはあるに違いない、と思えます。


・投資口座で思い切り買いたいという銘柄が少なくなった。(株価の上昇で。)


・現在保有している銘柄の対処がけっこう難しい。(株価の上昇で。)


 ハッピー・プロブレム、ということかもしれませんが、実際どうしたらいいのか?なかなかに難しい問題ですが、投資口座と投機口座をはっきりと分ける、という立場を取りますと、けっこう行動の方向が実務的に見えて来るように思います。


 結論は簡単です。私の見解を放送の中で示したいと思っています。


2021年5月7日

証券アナリスト

松下律


GW

松下 律

2021/04/30 08:20

D5718516 997a 49b1 b8ed 3b901c12c91b castphoto15 matsushita

 わが国は明日からGWの連休です。連休中に相場が大きく動くということもあるのかもしれません。


 今週は日銀金融政策決定会合、FOMCが開催されたわけですが、いずれも予想通りで特に金融当局の動きが材料になるといったことはありませんでした。


 連休明けの5月14日までの週は決算プレーの局面と見ることができます。銘柄によって発表される決算数字の株価への影響はまちまちですが、日米ともに(日本の方が大きいと思いますが)好決算ながら株価はネガティブな反応、といったことが多いように見受けられます。


 発表された数字が市場の期待に届かなかった(例えば、アナリストのコンセンサス予想を下回ったとか)から株価が売られたといった解釈も可能でしょうが、それよりも、過去1年ほどの間に株価が大きく上がっていて、利食いの勢力がかなり強いといった事情を背景とする反応なのでしょう。


 連休前ですし、いくつか頭に浮かぶことを書いておきたいと思います。


 このところ、穀物価格、木材価格、住宅価格の上昇を伝えるニュースが目立ちます。トウモロコシの価格が短期間で2倍、とか、木材は何倍、とか、かなり大きな動きです。


 米国ではリアル経済の浮揚が著しいですし、中国経済はすでにコロナ前を超えていますので、そうした影響を受けて需給がひっ迫しているのでしょう。こうしたニュースを聞いていますと、わが国経済がデフレっぽい動き、などというのが信じられない思いですが、昔のわが国で、卸売物価指数は安定、消費者物価指数は上昇、といったことがいろいろ話題になっていたことを思い出したりします。


 日米欧の経済はまだコロナ前の状態を取り戻していませんので、そういう段階で例えば不動産価格が上昇⇒金利引き上げ圧力、などとなった場合、株価にどう影響するのか、考えさせられるところです。


 カナダ中銀はテーパリングにすでに舵を切ったわけですし、間違いなくこれからいろいろな脱金融緩和のニュースが出て来るに違いありません。


 バブルと言いますと、昨年目立ったバブルは、テスラ株、IPO株、暗号資産、などだった、と言うことができるでしょう。3年くらい前ですと、GAFAMとかFANGといった銘柄の株価がバブルか、といった議論があったようですが、今はそういう見方は少数派になったようです。


 テスラ株、暗号資産、IPO銘柄、などのバブル(ではなく、フロス?)、これらが崩壊現象を示す可能性については考えておく方がよさそうではあります。


株式運用の工夫

 株式市場における市場参加者は実に多様です。このことは実は株式運用において役に立つヒントを与えることだ、と私は思います。


 いろいろな相場コメントやニュース、材料に対して、投資や投機をする個人の市場参加者として混乱することなく運用を続けるための工夫に対するヒント、という意味です。


 具体的に、以下のような運用の工夫をしてみるとしましょう。


・自分の株式運用のための口座を別々の証券会社で二つ(あるいはそれ以上)用意する。


・二つのうち、一つは「投資口座」と位置付ける。


・もう一つは、「投機口座(トレーディングなど用の口座)」と位置付ける。


 投資口座における運用は概略以下のような方針とする。


1. 株式投資は個別銘柄の現物株のみで信用取引は使わない。基本はバイ・アンド・ホールド、投資期間は数年以上を想定。


2. レバレッジは掛けない。


3. 投資対象の投資価値に焦点を当てて長期的に高い投資リターンを追求する。ゼロコスト資産、高配当利回り銘柄のポートフォリオ達成を目指す。


 一方、投機における運用は概略以下のような方針とする。


1. トレーディング対象は、個別株、指数先物などのデリバティブ、ETF、など何でもOK。買いポジションのみならず売りポジションも持つ。


2. レバレッジを活用する。


3. 決められた額の証拠金(元手)を使って、信用取引、証拠金取引を行い、現物取引は行わない。


4. 会計期間を1年と定めて、その間証拠金を増額したり減額したりしない。


5. ポジション額、損切などに関する自分の納得の行くトレーディングルールを定めて運用を実行する。


 つまり、多様な市場参加者のうちの典型的な二つのグループである、「投資信託や年金ファンドのような投資家」と、「投機筋」の行動を自分の二つの口座で実行してみよう、という工夫です。


 私は、こうした工夫から得られるものは大きいと考えていますので、番組放送の中でそうしたメリットについても話したいと思います。投資口座で買うべき銘柄がなかなか見つからない、とすれば、相場が数年単位で見て高値圏にあるのだな、と実感できますし、短期トレーディングで買った銘柄を塩漬けする、などという失敗も減るでしょう。また、昨年のコロナショック時のような大暴落の時、投資口座の銘柄を叩き売る、などということにもならずに済むかもしれませんし、その時投機口座でならうまくショートポジションを使って利益をあげられたかもしれません。投資という行動と投機という行動を明確に区別するいい工夫になるでしょう。


2021年4月30日

証券アナリスト

松下律


 昨夜のNY株式相場では3指数そろって下落、バイデン大統領による増税案の表明がリスク・オフに市場を傾けたとのことです。ゴルディロックス状態にバイデノミクスが水を差すという流れが出来つつあるのでしょう。


低ボラティリティ・株価変動大

 ボラティリティ・インデックスが相対的に落ち着いていた割に今週は日経平均が大きく変動したという週でした。いろいろ要因は指摘できるでしょうが、今年に入ってから2月中旬以降同じような展開が繰り返された、と見ることもできそうです。(かつてのバーナンキ・ショックのようなことが起きたらいいな、と思っている人たちがけっこういるのだろうな、という印象ですね。)


 今年2月中旬以降昨日までで、日経平均は3回1000円を超える規模で下落しています。


・1度目は、2月16日から3月5日にかけての約2,400円の下落。


・2度目は、3月18日から24日にかけての約2,100円の下落。


・3度目は、4月6日から21日にかけての約1,800円の下落。


 いずれも日経平均が3万円の大台を付けた後の下落で、下げの最後の方では数日で1000円以上下落した、といった共通点があります。


 下落の要因はいろいろ指摘できると思いますが、主なものとして思い浮かぶのは、


・1度目は、アメリカのNASDAQ指数の下落に連れ安。(高PERの成長株が、徐々に上昇しつつあった米長期金利の上昇を受けて下落した。)


・2度目は、大きくは日本国内の需給の要因で、日銀が4月以降日経225型のETFの買いを止めるとの報道を受けた売りの増加、あるいは、仕掛け的な売り。


・3度目は、日本におけるコロナ感染者数の急増を受けての経済の先行き懸念。決め球となると期待されているワクチンについては、日本では接種スピードが遅い。


などを指摘できるように思います。


 ファンダメンタルズから見ますと、コロナショック後の経済の回復、企業業績の復調をほぼ株価が織り込んだかな、と思える局面に至ったこと、株式需給で見ますと、昨年末から今年初にかけて信用の買い残が大きく増加しており、買いの荷もたれ感が出始めている、などを指摘することもできるでしょう。


 日米の株価の推移を比べますと、米国はワクチン効果もあって好調を持続しています。(今のところ。)しかしながら、金利の上昇、テーパリングへの警戒等々、近い将来の相場下落要因として想定できる項目は多数あるというのが現状でしょう。ゴルディロックス相場に乗って米国株価がさらに上伸し、日本株が三たび3万円超えといった水準になった時には、セル・イン・メイという言葉を思い出す方がいいことになるのかもしれません。


株式運用の工夫

 株式市場における市場参加者は実に多様、と先週も話しました。このことは実は株式運用において役に立つヒントを与えることだ、と私は思います。


 いろいろな相場コメントやニュース、材料に対して、投資や投機をする個人の市場参加者として混乱することなく運用を続けるための工夫に対するヒント、という意味です。


 具体的に、以下のような運用の工夫をしてみるとしましょう。


・自分の株式運用のための口座を別々の証券会社で二つ(あるいはそれ以上)用意する。


・二つのうち、一つは「長期投資用口座」と位置付ける。


・もう一つは、「トレーディング口座(投機口座)」と位置付ける。


 長期投資用口座における運用は概略以下のような方針とする。


1. 株式投資は個別銘柄の現物株のみで信用取引は使わない。基本はバイ・アンド・ホールド、投資期間は数年以上を想定。


2. レバレッジは掛けない。


3. NISAなどの税制優遇制度を活用する。


4. 投資対象の投資価値に焦点を当てて長期的に高い投資リターンを追求する。ゼロコスト資産、高配当利回り銘柄のポートフォリオ達成を目指す。


 一方、トレーディング口座(投機口座)における運用は概略以下のような方針とする。


1. トレーディング対象は、個別株、指数先物などのデリバティブ、ETF、など何でもOK。買いポジションのみならず売りポジションも持つ。


2. レバレッジを活用する。


3. 決められた額の証拠金(元手)を使って、信用取引、証拠金取引を行い、現物取引は行わない。


4. 会計期間を1年と定めて、その間証拠金を増額したり減額したりしない。


5. ポジション額、損切などに関する自分の納得の行くトレーディングルールを定めて運用を実行する。


 つまり、多様な市場参加者のうちの典型的な二つのグループである、「投資信託や年金ファンドのような長期投資家」と、「投機筋」の行動を自分の二つの口座で実行してみよう、という工夫です。


 私は、こうした工夫から得られるものは大きいと考えていますので、番組放送の中でそうしたメリットについても話したいと思います。長期投資用の口座で買うべき銘柄がなかなか見つからない、とすれば、相場が数年単位で見て高値圏にあるのだな、と実感できますし、短期トレーディングで買った銘柄を塩漬けする、などという失敗も減るでしょう。また、昨年のコロナショック時のような大暴落の時、長期投資用の口座の銘柄を叩き売る、などということにもならずに済むかもしれませんし、その時トレーディング用口座でならうまくショートポジションを使って利益をあげられるかもしれません。投資という行動と投機という行動を明確に区別するいい工夫になるでしょう。


2021年4月23日

証券アナリスト

松下律


好調な経済指標

 米国の経済指標はこのところ市場の予想を上回るものが多く、発表が始まった1-3月期の企業業績も大幅増益が多くなっています。

それらを受けて株価指数は史上最高値を更新、となっています。市場の変動率は低下しており、まさにゴルディロックス状態とも言えそうです。


 しかしその割には、市場には慎重な空気も漂っているようです。利食いに押されるといったこともあるのでしょうし、第2第3のアルケゴスへの懸念もあるのでしょう、米中摩擦への警戒もあるかもしれません、何か大きな悪材料が出て来るのではないか、といった雰囲気もあるのかもしれません。


 「強気相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、陶酔の中で消えて行く」という言葉をテンプルトンが残しているそうですが、バリュー投資派がどんな行動を取っているのか、興味あるところです。(*)


 日本ではさらに慎重派が多いようで、ファストリ、安川電機の決算発表後の株価の動きが典型的な反応になりはしないか、とこれから決算発表時期を迎えるにあたって慎重派が多くなっているように見えます。


 わが国の場合、Covid-19の感染再拡大とワクチン接種の遅れが米国との差をもたらしている面も強そうです。米中摩擦も投資家にとっては気になるところでしょう。


 現時点で、近い将来の大きな相場下落を予想してポジションを取る、となりますとそれはそれでけっこうな賭けとなりそう、という意味で今はやや慎重な(買い)ポジションで様子見くらいが妥当、となりそうなのですが、ここからどんな材料が出て来て相場に影響するか、面白い局面という気がします。


市場参加者のカテゴリー分け

 投資尺度から見て株価を、氷状態、とか、水の状態、とか、ガス状態(=バブル状態)となぞらえて捉えると分かりやすいこともあります、というのが私の昔からの説明なのですが、株価からではなく、市場参加者側から見ても同じようなカテゴリー分けが参考になるかもしれません。


 実は、株式市場の参加者にはいろいろな人種がいる、という表現をしようと思ったのですが、今時ですから人種というような表現は止めておこう、と思い、以下のような表現を考えてみました。


・長期投資家(企業の投資価値に注目する人たち)


・短期のトレーダー(値動きに注目する人たち)


・ガス状態の株価を好む人たち


・ヘッジファンド


・ハゲタカ


 今日の放送の中でそれぞれの市場参加者についてお話したいと思っています。


(*)Bull markets are born on pessimism, grow on skepticism, mature on optimism, and die on euphoria.


2021年4月16日

証券アナリスト

松下律