Logo stockvoice

Market Overview

8日の東京市場は続伸。TOPIX業種別騰落率は、精密、その他製品、薬品、サービス、電機など15業種が上昇。不動産、海運、倉庫、陸運、建設など18業種が下落。
前日の米国市場は3指数とも続伸。英グラクソスミスクラインのコロナ薬がオミクロンに有効と判明し、強気ムード。ダウは1.4%、SP500は2.0%、ナスダックは3.0%の大幅高でした。
東京市場は日経平均が337円高でスタート。為替やアジア市場が堅調に推移し、終始買いが先行。メジャーSQ前に2万9000円の節目に近接したことで、コールオプションや先物の売り手による先物・現物買いヘッジが入ったとみられ、後場は一段高しました。
個別銘柄では、ファストリ、ファナックなど値嵩株が堅調。東京エレク、アドバンテストなどハイテク株も買われました。半面、郵船、商船三井など海運株が冴えず。

7日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、農林水産のみ下落。上昇率上位は、空運、海運、金属、ガラス土石、鉄鋼など。
前日の米国市場は3指数とも反発。ホワイトハウスのファウチ首席医療顧問が「オミクロン株の重症化リスクは低い」とコメントし、警戒感が和らぎました。
東京市場は日経平均が211円高でスタート。上海、香港などアジア市場が堅調に推移したうえ、為替もジワリと円安に振れ、東京はほぼ全面高。日経平均は終始上値を追いました。
個別銘柄では、ANA、JR東、川崎汽船など運輸株がしっかり。JFE、神戸鋼など鉄鋼株も買われました。半面、ソフトバンクが弱含み。

6日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、鉱業、紙パルプ、鉄鋼、海運、石油石炭など16業種が上昇。情報通信、薬品、サービス、精密、空運など16業種が下落。銀行は変わらず。
前週末の米国市場は3指数とも反落。オミクロン警戒が続く中、雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を下回り、地合いが悪化しました。
週明けの東京市場は日経平均が40円高でスタート。序盤は売りが先行し、その後は戻り歩調。ただ、積極的に上値を追う材料はなく、プラス浮上は出来ませんでした。
個別銘柄では、塩野義、アステラスなど薬品株が軟調。NTT、ソフトバンクなど通信株も冴えませんでした。半面、神戸鋼、JFEなど鉄鋼株が強含み。

3日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、その他製品のみ下落。上昇率上位は、空運、海運、陸運、繊維、不動産など。
前日の米国市場は3指数とも反発。米国内で2例目のオミクロン感染者が報告されたものの、旅行・レジャー株やエネルギー株に押し目買いが入りました。
東京市場は日経平均が88円高でスタート。前場はマイナス推移の時間帯もありましたが、後場は上値追い。日経平均は高値引けでした。米メルクが日本でコロナ飲み薬の承認申請をしたうえ、米上院が政府機関の閉鎖を回避する暫定予算を可決し、買い意欲が出たようです。
個別銘柄では、ANA、JR東、郵船など運輸株が堅調。野村、大和など証券株も買われました。半面、巣ごもり関連の任天堂が下落。

2日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、海運、電力ガス、ゴム、倉庫、その他製品など12業種が上昇。鉱業、空運、精密、陸運、情報通信など21業種が下落。
前日の米国市場は3指数とも続落。米国内で初のオミクロン株感染者が確認され、投資家心理が悪化。年末の節税対策の損失確定売りも出たようです。
東京市場は日経平均が219円安でスタート。9時台に高値と安値を付け、その後は294円の値幅内で上下動。方向感の出ずらい一日でした。
個別銘柄では、JAL、ANA、JR東など運輸株が軟調。INPEX、ENEOSなど資源株も売られました。半面、関電、東北電など電力株が買われました。