Logo stockvoice

Market Overview

28日の東京市場は小幅続落。TOPIX業種別騰落率は、精密、小売、その他製品、電機、情報通信など6業種が上昇。鉱業、鉄鋼、保険、不動産、非鉄など27業種が下落。
 前日の米国市場は高安まちまち。ダウとSP500が下落した一方、ハイテク企業の決算への期待からナスダックは上昇しました。
東京市場は日経平均が113円安でスタート。来週の大統領選、FOMC、雇用統計を控え、売り方、買い方とも動けず。後場は日銀ETF期待からやや戻しました。
個別銘柄では、トヨタ、NTT、三菱UFJなど主力株が軟調。国際帝石、出光など原油関連も売られました。半面、ソニーがしっかり。

 27日の東京市場は小幅続落。TOPIX業種別騰落率は、その他製品、精密、情報通信、農林水産、サービスなど9業種が上昇。空運、鉱業、ゴム、海運、鉄鋼など24業種が下落。
 前日の米国市場は欧米のコロナ再拡大を受け、3指数とも大幅下落。東京市場は日経平均が118円安でスタート。売り一巡後は業績好調銘柄を中心に買われ、指数も下げ幅を縮小。日経平均、TOPIXとも前日終値水準まで戻しました。
 個別銘柄では、ANA、JR東など運輸株が軟調。日本製鉄、JFEなど鉄鋼株も売られました。半面、業績予想や決算が市場想定を上振れたキヤノン、HOYAなどが強い動き。

26日の東京市場は小幅安。TOPIX業種別騰落率は、非鉄、電機、鉱業、繊維、建設など11業種が上昇。サービス、証券、その他金融、情報通信、精密など22業種が下落。
 前週末の米国市場は小幅まちまち。追加経済対策についての情勢は一進一退で、売買材料に乏しい相場展開でした。
週明けの東京市場は日経平均が4円高でスタート。買い一巡後は尻すぼみとなり、マイナス転落。売買代金は11日連続で2兆円割れでした。
個別銘柄では、野村、大和など証券株が弱含み。日本製鉄、JFEなど鉄鋼株も冴えませんでした。半面、業績予想増額の村田製がしっかり。

23日の東京市場は小幅高。TOPIX業種別騰落率は、ゴム、空運、鉱業、保険、証券など26業種が上昇。その他製品、精密、小売、食品、サービスなど7業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも小幅反発。新規失業保険申請件数がコロナショック後で最少となったうえ、民主党のペロシ下院議長が経済対策の合意に楽観的な見通しを示し、材料視されました。
東京市場は日経平均が84円高でスタート。大統領ディベートが終了するまでは様子見ムードでしたが、波乱なく終了すると、後場は一段高。ただ、終盤に米株先物がやや軟化し、東京も尻すぼみました。商いは盛り上がらず、売買代金は10日連続で2兆円割れ。
個別銘柄では、トヨタ、NTT、三菱UFJなど主力株が強含み。野村、大和など証券株も買われました。半面、東京エレク、アドバンテストなど半導体株が冴えず。

22日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、非鉄、ゴム、紙パルプの3業種のみ上昇。下落率上位は、空運、薬品、電力ガス、小売、鉱業など。
 前日の米国市場は3指数とも小幅安。追加経済対策の実施が選挙後との見方が広がり、買えませんでした。東京市場は日経平均が114円安でスタート。手掛かり材料がなかったうえ、大統領選ディベート前の手控えムードも強く、指数は終始底這い。商いも薄く、東証1部売買代金は9日連続2兆円割れ。
個別銘柄では、JR東、小田急など電鉄株が軟調。業績悪化による旅客機削減が報じられたANAも4%超の大幅安。半面、銅価格の高騰を受け、住友鉱山がしっかり。