Logo stockvoice

Market Overview

3日ぶり反発 下値では押し目買い

2018/01/19

 19日の東京市場は日経平均が2万3808円06銭(△44.69)、TOPIXは1889.74(△12.88)、日経平均先物3月限は2万3800円(△30)。
 前日の米市場は主要3指数が小幅反落でしたが、東京市場は反発スタート。前日に一時2万4000円台をつけたことから高値警戒感も強く、後場は一時マイナス圏に転落。ただ、下値では丹念に拾う動きがみられ、引けにかけてプラスに浮上して終えました。
 東証1部売買高は13億9234万株、売買代金は2兆6798億円。値上がり銘柄数は1392、値下がり銘柄数は574、変わらずは98。TOPIX業種別騰落率は、その他製品、石油石炭、建設、鉄鋼、紙パルプなど30業種が上昇。ゴム、精密、電気ガスの3業種が下落。
 個別銘柄では、トヨタ、ソニー、NTTなど主力の大型株が反発。大林組、鹿島など建設株も買われました。前日発表した18年11月期予想が大幅増益だった津田駒も20%強の急騰で昨年来高値を更新。値上がり率上位は、ヨシムラフード、北の達人、日本冶金工業、システムインテグレータ、いちごなど。
 半面、軟調な原油価格を受け、日揮、千代建などプラント関連に売りが先行。三井化学、三菱ケミカルなど化学株の一角も冴えませんでした。値下がり率上位は、アゴーラHG、ベステラ、タマホーム、ネオジャパン、星光PMCなど。