Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】期末売り?でマイナス転落

2019/03/14

 14日の東京市場は日経平均が2万1287円02銭(▲3.22)、TOPIXは1588.29(▲3.78)。
 前日の米国市場は3指数とも上昇。英議会で「合意なき離脱」反対が多数を占めたことに安心したようです。東京市場も日経平均が184円高でスタート。その後は3月期末の決算対策とみられる売りに押され、ずるずると上げ幅縮小。日経、TOPIXともマイナス圏に沈んで終えました。
 東証1部売買高は11億3232万株。売買代金は2兆1866億円。値上がり銘柄数は783、値下がり銘柄数は1257、変わらずは94。TOPIX業種別騰落率は、石油石炭、紙パルプ、農林水産、証券、陸運など11業種が上昇。化学、繊維、その他製品、海運、ガラス土石など22業種が下落。
 個別銘柄では、商船三井、郵船など海運株が冴えず。ボーイングに炭素繊維を供給する東レも売られました。半面、米ウーバーへの出資が報じられたソフトバンクGがしっかり。