Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】材料なく保ち合い 日銀「維持」は想定内

2019/03/15

 15日の東京市場は日経平均が2万1450円85銭(△163.83)、TOPIXは1602.63(△14.34)。
 前日の米国市場は小幅まちまち。東京市場も日経平均が89円高でスタート。昼休み中に日銀が金融政策の現状維持を発表しましたが、市場想定内で材料視されず。2万1500円付近で保ち合いとなりました。
 東証1部売買高は14億8329万株。売買代金は2兆7889億円。値上がり銘柄数は1434、値下がり銘柄数は634、変わらずは68。TOPIX業種別騰落率は、海運、非鉄のみ下落。上昇率上位は、鉱業、その他製品、繊維、薬品、銀行など。
 個別銘柄では、国際帝石、出光など原油関連が強含み。北朝鮮が米国との交渉中断を検討と伝わり、豊和工業、石川製など軍需関連が急伸。半面、住友鉱山、川崎汽船など景気敏感株が冴えず。