Logo stockvoice

Market Overview

日経平均270円安、ジャスダックは連日最高値

2018/01/25

 25日の東京市場は日経平均が2万3669円49銭(▲271.29)、TOPIXは1884.56(▲16.67)、日経平均先物3月限は2万3660円(▲250)。
 前日の米市場はムヌーシン財務長官のドル安歓迎発言を受け、NYダウが過去最高値を更新。東京市場の取引開始時点で為替は1ドル=109円台の円高に振れ、日経平均は190円安でスタート。その後も大きな買い材料は見当たらず、売り優勢のまま終えました。資金の一部は新興市場に向かい、日経ジャスダック平均は5日続伸で連日の過去最高値更新。
 東証1部売買高は15億6333万株、売買代金は2兆9626億円。値上がり銘柄数は462、値下がり銘柄数は1519、変わらずは82。TOPIX業種別騰落率は、石油石炭、鉱業、陸運の3業種のみ上昇。下落率上位は、空運、電機、銀行、機械、その他製品など。
 個別銘柄では、円高を嫌気し、トヨタ、マツダ、ホンダなど自動車株が総崩れ。日立、パナソニックなど電機も弱く、ソニーは3%超の大幅安でした。値下がり率上位は、北の達人、モバイルファクトリー、JCRファーマ、インプレス、プリマハムなど。
 半面、ニトリ、ABCマートなど小売の一角に買いが先行。国内証券が投資判断を引き上げた電通も4%強の大幅反発でした。値上がり率上位は、エスケイジャパン、ブレインパッド、岡谷電機、東京個別指導学院、チタン工業など。