Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】エニグマが大幅続伸、東証1部への市場変更で買い需要先取る

2019/04/12

服飾中心のソーシャル通販サービス「バイマ」を運営している東証マザーズのエニグモ(3665)が大幅続伸した。一時は3115円まで上伸し、3月29日に付けた年初来高値2948円を更新した。午後0時51分現在、前日比71円(2.49%)高の2920円で推移している。 
東証が18日付で市場第1部に市場変更すると発表し、買い材料視された。東証1部銘柄になればTOPIX(東証株価指数)に算入されるため、同指数連動型のインデックス・ファンドを運用する国内外の機関投資家からの組み入れ需要の発生が期待される。このため、本日は同需要を先回り買いする動きとなった。2020年1月期の単独業績は営業利益が24億6700万円(前期比15.1%増)、純利益が17億円(同10.7%増)とともに連続して過去最高益を更新する見通し。