Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】富士電機が新高値、EV向け半導体など伸び今3月期も増収益予想

2019/04/26

富士電機(6504)が大幅続伸して3月4日につけた年初来高値をおよそ1カ月半ぶりに更新。午後1時36分現在では前日比245円(6.8%)高の3870円で推移している。

 当社は重電大手でパワエレ機器や自動販売機、パワー半導体などに強みがあるが、25日の引け後に発表した前2019年3月期の連結決算が予想から上振れ着地したうえ、同時に公表した今2020年3月期の業績予想でも増収増益を見込んでいることが明らかになった。これらを素直に好感した買い注文が増加している。前期は売上高が前の期比2%増の9149億1500万円、当期純利益も同7%増の402億6700万円となり、従来予想の380億円を上回った。今期は売上高9300億円(前期比2%増)、当期純利益404億円(同0.3%増)と小幅ながらも増益を維持する見込み。ファクトリーオートメーション(FA)機器のほか、電気自動車(EV)向けなどのパワー半導体を含む電子デバイスも伸びると予想している。282円の予想1株利益を基にした25日終値で