Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ハーモニックDが大幅に6日続落、今3月期99%減益予想を嫌気

2019/05/13

精密制御減速装置が主力でジャスダック上場のハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)が大幅に6営業日続落。午前9時40分時点では前週末比430円(10.9%)安の3515円で推移している。

 10日の引け後に前2019年3月期連結決算を発表。同時に公表した今2020年3月期業績予想が市場予想を大きく下回る減収減益だったことが嫌気されている。前期は売上高が前の期比24.8%増の678億0900万円、当期純利益も同43.9%増の116億0100万円だった。産業用ロボット向けをはじめ半導体製造装置向けやFPD製造装置向けなどに精密制御減速装置の販売が伸びた。しかし、今期については売上高420億円(前期比38.1%減)、当期純利益5000万円(同99.6%減)を見込み、年間配当も18円減の20円とする方針。もっとも、下値ではカラ売りの買い戻しも入って売り一巡後は下げ渋る動きもみられている。