Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】6日続落 米中への警戒強まる

2019/05/13

 13日の東京市場は日経平均が2万1191円28銭(▲153.64)、TOPIXは1541.14(▲8.28)。
 前日の米国市場は小幅高。東京市場は日経平均が164円安でスタート。前場は売り一巡後は戻しましたが、後場に売り直され、軟調推移。米中問題への警戒感は高まる一方で、日経平均は6日続落となりました。
 東証1部売買高は14億2097万株、売買代金は2兆3616億円。値上がり銘柄数は589、値下がり銘柄数は1491。TOPIX業種別騰落率は、石油石炭、食品、陸運、自動車、鉱業など9業種が上昇。その他金融、鉄鋼、紙パルプ、非鉄、金属など24業種が下落。
 個別銘柄では、日本製鉄、JFE、住友鉱山など鉄鋼・非鉄株が冴えず。出資先の米ウーバーの株価が振るわず、ソフトバンクGも大幅安でした。半面、大林組、浅沼組など好決算の建設株の一角がしっかり。