Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】7日続落も下げ渋り 「第4弾」は織り込みか

2019/05/14

 14日の東京市場は日経平均が2万1067円23銭(▲124.05)、TOPIXは1541.14(▲8.28)。
 前日の米国市場は対中関税「第4弾」の内容公表を受け、NYダウが617ドル安。東京市場も日経平均が321円安でスタートしましたが、前日中に第4弾をある程度織り込んでいたとみられ、売り一巡後は戻り歩調。後場も終始マイナスながら、底堅い動きとなりました。
 東証1部売買高は17億3388万株、売買代金は2兆8526億円。値上がり銘柄数は931、値下がり銘柄数は1139。TOPIX業種別騰落率は、石油石炭、鉱業、化学、卸売、建設など11業種が上昇。農林水産、ゴム、サービス、自動車、金属など22業種が下落。
 個別銘柄では、トヨタ、パナソニック、三菱UFJなど主力銘柄が冴えず。今期予想が失望されたコニカミノルタは6%強の大幅安でした。半面、JX、国際帝石など資源関連の一角が強含み。