Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】チェンジがS安気配、公募増資等で需給悪化・希薄化を懸念

2019/05/16

工場や施工現場の作業や官公庁の情報処理を携帯端末とITで効率化する仕組みを開発しているチェンジ(3962)が急反落した。朝方から値付かずの展開となる中、午後0時39分現在、制限値幅いっぱいの前日比700円(18.45%)安の3095円ストップ安売り気配で推移している。 
15日に公募増資と株式売り出しを発表し、株式需給の悪化と1株利益の希薄化を懸念する動きとなった。公募増資160万株、株式売り出し45万株を実施する。上限30万7500株でオーバーアロットメントによる売り出しも行う。新株発行は最大で発行済み株式総数の約10%になる。発行価格は5月22日から24日までのいずれかの日に決定する。調達資金は最大で約56億6300万円。新規事業やM&A(企業の合併・買収)、借入金返済などに充てる。