Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】6日連続2兆円割れ 香港暴動、円高を嫌気

2019/06/13

 13日の東京市場は日経平均が2万1032円00銭(▲97.72)、TOPIXは1541.50(▲12.72)。
 前日の米国市場は3指数とも小幅安。東京市場は日経平均が89円安でスタート。香港で人権問題をめぐりデモ隊と警察が武力衝突したと伝わり、ハンセン指数が大幅安。円高も手伝い、日経平均は一時2万1000円割れ。SQ前とあって手控えムードも強く、東証1部売買代金は6日連続で2兆円割れとなりました。
 東証1部値上がり銘柄数は394、値下がり銘柄数は1673。TOPIX業種別騰落率は、保険のみ上昇。下落率上位は、石油石炭、海運、証券、ガラス土石、鉱業など。
 個別銘柄では、トヨタ、パナソニック、コマツなど輸出系大型株が軟調。みずほ、三井住友など銀行株も売られました。半面、NTTドコモ、KDDIなど通信株の一角が買い優勢。