Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ヤーマンが急反発、20年4月期は連続最高益更新の見通し

2019/06/14

美顔器や痩身器具など家庭用美容・健康機器メーカーのヤーマン(6630)が3日ぶりに急反発した。5月24日以来の株価4ケタ乗せ。午後0時45分現在、前日比96円(10.62%)高の1000円と東証1部の値上がり率3位で推移している。一時は1039円まで上伸した。 
13日に2019年4月期連結決算と20年4月期の業績予想を発表し、好感された。19年4月期の営業利益はその前の期に比べ5.9%増の57億0500万円で着地し、20年4月期の営業利益は58億4000万円(同2.4%増)と4期連続で過去最高益を更新する見通し。直販部門の強化や直営店など顧客接点の強化、新製品開発などに注力する。コスト削減などによる体質強化にも取り組むとしている。前期は中国など海外部門が好調だった。