Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】京進は9日ぶり反落、今5月期予想が期待外れで失望売り

2019/07/09

京都や滋賀などをおもな地盤に学習塾を展開する東証2部上場の京進(4735)は9営業日ぶりに反落。午前11時18分現在では前日比99円(8.8%)安の1030円で推移している。

 8日の引け後に発表した前2019年5月期連結決算が予想から下振れ着地。併せて開示した今2020年5月期の業績予想は増収増益を見込んでいることが明らかになったが、最近の株価はその期待感で上昇してきており、実質の利益水準が市場の期待に届いていないこともあって失望売りが増加している。

 前期は人件費など販管費の増加が利益を圧迫して、営業利益は前の期比19.6%減の3億2800万円だった。今期は売上高226億6900万円(前期比12.5%増)、営業利益4億円(同21.7%増)を見込む。前期から配当方針を当期純利益の30%に変更することも明らかにしており、今期の年間配当は前期比20.5円増の38.81円とする計画だ。