Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】パウエル証言控え「休戦」 2万1500円はキープ

2019/07/10

 10日の東京市場は日経平均が2万1533円48銭(▲31.67)、TOPIXは1571.32(▲3.57)。
 前日の米国市場は高安まちまち。東京市場は日経平均が66円安でスタート。手掛かり材料に乏しかったうえ、パウエルFRB議長の議会証言を控え、売り方・買い方とも休戦状態。午前10時台までに高値と安値を付け、以降はそのレンジ内で膠着しました。
 東証1部売買高は11億3868万株。売買代金は1兆9437億円。値上がり銘柄数は764、値下がり銘柄数は1297。TOPIX業種別騰落率は、鉱業、精密、情報通信、農林水産、薬品など7業種が上昇。海運、紙パルプ、鉄鋼、化学、機械など26業種が下落。
 個別銘柄では、日本製鉄、住友鉱山、商船三井など景気敏感セクターが軟調。ファナック、安川電、SMCなど設備投資関連も売られました。半面、JR東海、中部電など内需系の一角が強含み。