Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】スタジオアタオがストップ安 1Q減益着地に警戒感

2019/07/11

マザーズ上場で婦人向けバッグ、財布などを販売するスタジオアタオ(3550)が急落。11時時点では値幅制限の下限である1015円でストップ安売り気配となっている。1015円での売り注文は24万3400株に対し、買い注文は3万8800株。前日発表の今2020年2月期第1四半期(19年3~5月)決算が減益で着地しており、これに対する警戒感が一気に高まっているようだ。

 第1四半期の売上高は前年同期比2.7%増の14億7300万円だったが、営業利益は5.1%減の3億3000万円、純利益は5.5%減の2億2900万円だった。売り上げは増えたものの、当社グループの全コンテンツを扱う「アタオランド」出店に伴う一時費用や、グーグル社のネット広告に関する技術変更などで利益段階は圧迫された。

 通期計画は据え置いた。