Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】利下げ示唆で米株奮起 東京は円高&株高

2019/07/11

 11日の東京市場は日経平均が2万1643円53銭(△110.05)、TOPIXは1578.63(△7.31)。
 前日にパウエルFRB議長が議会証言で7月利下げを示唆。これを受けダウが一時史上最高値、SP500も一時初の3000ポイント台に乗せ、ナスダックは終値で最高値を更新しました。為替相場ではドル安・円高が急加速し、東京時間の11日午前9時時点で1ドル=108円20銭付近。
 東京市場は日経平均が14円高でスタート。為替が108円を割り、伸び悩む場面もあったものの、後場に円高が一服すると上げ幅を拡大。ほぼ高値引けとなりました。
 東証1部売買高は11億4081万株。売買代金は1兆7845億円。値上がり銘柄数は1660、値下がり銘柄数は429。TOPIX業種別騰落率は、その他製品、鉱業、農林水産、倉庫、石油石炭など28業種が上昇。保険、自動車、証券、機械、非鉄の5業種が下落。
 個別銘柄では、「スイッチ」の新製品投入を発表した任天堂が4%強の大幅高。日経平均に採用されるバンダイナムコはストップ高でした。半面、円高を嫌気したのか、トヨタ、SUBARUなど自動車株が冴えず。