Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】SCREENなど半導体関連株が上昇、TSMC株高が波及

2019/07/19

半導体製造装置の東京エレクトロン(8035)やSCREENホールディングス(7735)、アドバンテスト(6857)、ローツェ(6323)、レーザーテック(6920)などのほか、半導体シリコンウエハメーカーのSUMCO(3436)や信越化学工業(4063)といった一連の半導体関連株が上昇。SCREENは午前9時47分現在で前日比380円(7.4%)高の5500円となっている。

  半導体受託生産の世界最大手である台湾積体電炉製造(TSMC)が18日午後に2019年12月期の第2四半期(19年4~6月期)決算を発表。同時に明らかにした第3四半期(同7~9月期)の売上高見通しが市場予想を上回り、同社株がニューヨーク市場で3.8%高と上昇。これが米国株市場の他の半導体関連株を刺激する形で半導体製造装置トップのアプライドマテリアルズ(AMAT)が4.2%高、ラムリサーチも3.4%高などと上昇し、主要な同関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)は1.5%高となっていた。この動きがきょうの東京市場にも波及している。TSMCは7~9月の売上高を91億~92億ドル(約9800億~9900億円)と見込み、約89億ドルという市場予想を上回っていた。