Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】レッグスが1週間ぶり新高値、2Q業績の大幅上方修正を好感

2019/07/19

レッグス(4286)がカラ売りの買い戻しも交えて大幅高。12日につけた年初来高値を1週間ぶりに更新しており、午前10時2分時点では前日比127円(7.1%)高の1924円で取引されている。

 当社は飲料や食品、流通関連の顧客向けを中心に販促グッズの企画・制作などを行い、マーケティング活動の支援事業を展開しているが、18日の通常取引終了後に今2019年12月期の第2四半期累計(19年1~6月期)連結業績予想の大幅上方修正を発表。これを好感した買い注文が寄り付き段階から増加した。売上高は74億円から80億9900万円(前年同期比29.3%増)、純利益も2億8400万円から4億6800万円(同56.5%増)にそれぞれ増額した。飲料メーカーや外食向けプレミアム、流通向け物販などが好調だった。通期予想は売上高160億円(前期比12.1%増)、当期純利益7億8000万円(同0.5%増)などのまま変更はないが、同利益の進捗率は60%と高く、今後の上振れを期待する投資家が増えているようだ。