Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】テックファームが高い 「3年後に売り上げ2倍」報道を材料視

2019/07/19

ジャスダック上場で自動車整備システムなどの受託開発を手掛けるテックファームHD(3625)が大幅反発。10時35分時点では前日比60円(4.8%)高の1292円付近で推移している。きょう付けの日本経済新聞朝刊で将来的な採算改善についての関連記事が掲載され、材料視されているもよう。

 報道によると、当社は2022年6月期をメドに売上高営業利益率を15%に引き上げるという。この通りなら、18年6月期実績と比べ6ポイント程度の改善になる。22年6月期売上高は18年6月期比2倍強の120億円程度を目指すという。人工知能(AI)やIOT関連の製品に注力するという。

 当社の18年6月期実績は売上高が58億2200万円、営業利益が5億5200万円、純利益は2億3200万円。19年6月期予想は売上高60億円、営業利益4億5000万円、純利益2億円となっている。