Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ショーケースが大幅反発、ブリッジとの業務提携を前向き評価

2019/07/19

クラウドサービスを手がけるショーケース(3909)が買い先行で大幅反発。午前11時15分現在では前日比39円(7.1%)高の590円で推移している。

 当社はWebサイト最適化技術によって成約率を高める「ナビキャスト」が主力だが、18日の引け後にBPO(ビジネスプロセス・アウトソーシング)事業を展開するブリッジインターナショナル(7039)と業務提携すると発表しており、これを前向きに評価した買い注文が増加している。動画やタクシー広告を活用したBtoB企業向けのリード獲得とその後のフォーローアップ活動のインサイドセールスを共同でサービス提供していく。今2019年12月期は大幅な減収減益が避けられない見通しで、このところの株価が500円台という上場来の安値圏で推移していたことも見直し買いを誘う要因になっている。ブリッジもしっかり。