Logo stockvoice

Market Overview

トヨタ続伸 決算で個別物色

2018/05/10

 10日の東京市場は日経平均が2万2497円18銭(△88.30)、TOPIXは1777.62(△4.71)、日経平均先物6月限は2万2500円(△80)。
 前日の米市場は主要3指数が上昇。東京市場は日経平均が74円高で寄り付き、直後に121円高まで買われました。ただ、その後は上げ幅を縮小。市場全体を買い上がる雰囲気はなく、決算を手がかりとした個別物色に終始しました。
 東証1部売買高は15億4244万株、売買代金は2兆6308億円。値上がり銘柄数は991、値下がり銘柄数は989、変わらずは103。TOPIX業種別騰落率は、鉱業、石油石炭、ガラス土石、自動車、精密など24業種が上昇。紙パルプ、繊維、空運、電気ガス、食品など9業種が下落。
 個別銘柄では、前日決算発表したトヨタが大幅続伸。業績予想を上方修正した昭和電工、堀場製作所も買われました。値上がり率上位は、有沢製作所、NDS、テクマトリックス、早稲田アカデミー、日本ユニシスなど。
 半面、足元の原油高を嫌気したのか、JAL、ANAが大幅安。業績予想が市場コンセンサスを下回った東レも5%強の急落でした。値下がり率上位は、ぐるなび、ヒノキヤ、ミツバ、オプステック、LIFULLなど。