Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】Kudanが大幅高、ユニシスとの提携や好調な1Q決算を評価

2019/08/13

 東証マザーズ上場のKudan(4425)が商いを伴って大幅高。取引時間中としては7営業日ぶりに1万円大台を回復しており、午前11時19分現在で前週末比1170円(13.0%)高の1万0170円で推移している。
 当社はコンピュータの眼にあたるAP(人工知覚)を専門に研究開発しているが、9日の引け後に日本ユニシスと業務提携すると発表しており、これを前向きに評価した買い注文が増加している。両社は「ビジネス・スケーリング・パートナー」となって空間・物体認識ソフトウェア技術SLAMやLⅰDER等を用いた自動運転や空間制御などの巨大市場に向けたサービスやソリューションの創出加速を目指して協業するという。
 また、同じく9日に発表した今2020年3月期の第1四半期(19年4~6月期)連結決算で純利益は9000万円と好調な内容だったことも見直し買いを誘発。1年前は非上場だったため前年比較はないが、通期の同利益予想(2億1300万円)に対する進捗率は約42%と高く、上振れ期待が台頭しているようだ。