Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】大幅反落、円高やアジア株安も重荷に

2019/08/13

 13日の東京市場は日経平均が2万455円44銭(▲229.38)、TOPIXは1486.57(▲17.27)。
 前日の米国市場は3指数とも大幅続落。米中摩擦の長期化などを懸念して3連休明けの東京市場も日経平均が252円安でスタート。1ドル=105円台前半まで進んだ円高も嫌気されました。日経平均は寄り付き直後に315円安まで下げ幅を広げ、その後は下げ渋りましたが、終始売りが優勢でした。中国や香港などアジア株が軟調に推移したことも重荷になりました。
 東証1部売買高は12億8249万株。売買代金は2兆1822億円。値上がり銘柄数は444、値下がり銘柄数は1655。TOPIX業種別騰落率は石油・石炭、鉄鋼、鉱業、ゴム、紙・パ、証券、水産、海運、建設、その他金融など32業種が下落。繊維の1業種のみが上昇。
 個別銘柄では、ソフトバンクG、トヨタ、ファーストリテ、任天堂など時価総額の大きい主力株が総じて軟調で三井住友FGなど金融株も下落しました。決算を受けてアステリアやリンク&モチベ、オープンドアなどがストップ安。半面、資生堂やSMCに見直し買いが続き、明和産、豆蔵HD、IBJが急騰しました。