Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ケーズHDが買い優勢で堅調、株主優待制度の拡充を好感

2019/08/21

家電量販店大手のケーズホールディングス(8282)が買い優勢で堅調な値動き。午前9時51分現在で前日比2円(0.2%)高の1054円となっている。

 19日の引け後に株主優待制度を拡充すると発表しており、好感した個人投資家などが買いを入れているもよう。現行は毎年3月末を基準としている株主優待券の進呈について、9月末を基準日とする進呈を加えて年間2回の進呈に拡充するという。19年9月30日を基準日とする優待制度から実施する予定。保有株式数によって優待券の進呈枚数は異なるが、最低限度の100株を保有する株主であれば19日終値での利回り換算は約0.95%となり、投資魅力の向上につながるとして評価する投資家もいるようだ。もっとも、上値では戻り待ちの売り物も出て反応は小幅にとどまっている。