Logo stockvoice

Market Overview

プラス維持も材料難 

2018/06/05

 5日の東京市場は日経平均が2万2539円54銭(△63.60)、TOPIXは1774.96(△0.27)、日経平均先物6月限は2万2520円(△10)。
 前日のNY市場は主要3指数が上昇、ナスダックは過去最高値を更新しました。東京市場は日経平均が76円高でスタート。寄り付き直後に2万2600円台に乗せましたが、特に強い売買材料もなく、膠着状態。高安の値幅は132円と小動きでした。
 東証1部売買高は15億4648万株、売買代金は2兆3824億円。値上がり銘柄数は853、値下がり銘柄数は1133、変わらずは98。TOPIX業種別騰落率は、情報通信、その他製品、ゴム、小売、非鉄など16業種が上昇。鉱業、石油石炭、証券、空運、農林水産など17業種が下落。
 個別銘柄では、NTT、KDDI、ソフトバンクなど通信株が堅調な動き。TDK、村田製など電子部品関連も強含みました。値上がり率上位は、アジュバン、JDI、MDV、住友精化、日本通信など。
 半面、日揮、千代建、石油資源開発など原油関連が軟調。大成、鹿島など建設株も冴えませんでした。値下がり率上位は、日本ハウス、東邦チタ、サニックス、くらコーポ、ツバキナカシマなど。