Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反発も一時マイナス 香港、円高が重石

2019/08/22

 22日の東京市場は日経平均が2万628円01銭(△9.44)、TOPIXは1498.06(△0.55)。
 前日の米国市場は3指数ともしっかり。東京市場は日経平均が88円高でスタート、しばらくは値を保ちましたが、香港株が下落すると、東京も上げ幅縮小。為替も円高方向に振れ、一時はマイナス圏に沈む場面もありました。
 東証1部売買高は9億7435万株。売買代金は1兆7275億円。値上がり銘柄数は841、値下がり銘柄数は1170。TOPIX業種別騰落率は、化学、農林水産、証券、ゴム、倉庫など20業種が上昇。石油石炭、鉱業、精密、鉄鋼、紙パルプなど13業種が下落。
 個別銘柄では、7月の訪日外国人が単月として過去最高を記録し、資生堂、コーセー、マツキヨなどインバウンド関連が堅調。過剰在庫の削減が報じられたコマツも強含みました。半面、国際帝石、JX、出光など資源関連が冴えず。