Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】HISが大幅続伸、ユニゾHDに対するTOBから撤退の観測

2019/08/23

旅行会社大手のエイチ・アイ・エス(HIS、9603)が大幅に続伸。午前11時27分現在では前日比118円(4.66%)高の2646円で推移している。

 東京中心にオフィスビル賃貸やホテル事業などを手がけるユニゾホールディングス(3258)の争奪戦から、当社が撤退する方針を固めたと一部に報じられたことが手がかり。ユニゾHDに対して当社は7月11日から発行済み株式の40%を上限に、最大427億円を投じて株式公開買いつけ(TOB)を実施中で、本日(23日)が買いつけ期限となっていた。TOB価格は3100円だが、これに対抗する形で8月16日にはソフトバンクグループ(9984)傘下の投資ファンドであるフォートレス・インベストメント・グループが1株4000円で最大100%を買いつけるTOBの実施を表明。これを受けてユニゾHDの株価は8月21日には4490円まで買い進まれる場面もあり、HISによるTOBが成立する可能性は低下していた。仮にTOB価格を引き上げて買収合戦に発展すれば財務負担が大きくなると警戒する投資家も多かったため、撤退することになれば警戒感が解消されることになる。