Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ジョルダンがS高、野村総研と資本・業務提携に向け基本合意

2019/08/23

目的地までの経路探索ソフト「乗換案内」の開発・販売事業を展開しているジャスダックのジョルダン(3710)が3日ぶりに急反発した。前引けは、制限値幅上限の前日比300円(24.00%)高の1550円ストップ高買い気配となった。

 22日に当社子会社のJ MaaS(東京都新宿区)が野村総合研究所(NRI、4307)と資本・業務提携に向けた基本契約を締結したと発表し、買い材料視された。今後、NRIが保有する企画力やシステム開発などの協力・協力を進め、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)ビジネスの拡大を図るとしている。今後もジョルダンは交通事業者やサービス事業者を中心に、資本・業務提携を進め、2021年には日本版MaaSの実現を目指すとしている。