Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ウチダエスコが反発、前7月期純利益5.6億円に上振れを好感

2019/08/26

ジャスダック上場のウチダエスコ(4699)が買い先行で反発。午前9時44分現在では前週末比71円(3.7%)高の2018円で推移している。

 当社は内田洋行系の情報関連会社でパソコンの販売・保守やOA消耗品、ソフト運用などを手がけるが、23日の通常取引終了後に現在集計中である前2019年7月期の連結業績予想の上方修正を発表。寄り付きから好感買いが増加した。売上高は従来予想の133億円から前の期比9.4%増の136億9400万円、当期純利益も4億2000万円から同58.8%増の5億6700万円にそれぞれ増額した。サポート終了を控えたWindows7パソコンのリプレース需要が予想以上に好調だったほか、学校市場向けIT関連機器の需要が拡大したことでパソコン等のキッティングおよび設置等のサービスにかかわる売上が伸びたという。当社は国内の学校や自治体向けに強いこともあり、米中貿易摩擦など海外景気の影響を受けにくい業態であることも買い安心感につながっている。