Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】しまむらが冴えない 8月売上高増収も下落トレンドは脱せず

2019/08/26

しまむら(8227)が冴えない。午前11時時点では前週末比140円(1.7%)安の8070円付近で推移。前週末に発表した8月度(7月21日~8月20日)の月次売上高は前年実績を上回ったが、相場全体の軟調地合いもあり、積極的に物色する雰囲気はないようだ。

 8月の既存店売上高は前年同月比0.6%増、客数は3.8%減、客単価は5.4%増だった。売上高が前年同月を上回るのは16カ月ぶり。8月は梅雨明け後に気温が上昇し、吸水速乾の寝具や肌着などが好調だったという。

 当社株は2017年5月以降、中長期的な下落トレンドが継続。8月6日には7020円まで売られ、7000円割れを意識する場面もあった。需給環境は直近の8月3週時点の信用倍率が0.28倍と前週の0.96倍、前々週の1.2倍に比べ買い比率が低下。取り組み妙味は増しているものの、肝心の株価に反発の兆しがみられず、敬遠ムードが強いようだ。