Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ダイドーGHDは3日ぶり反発、底堅い2Q決算受け見直し買い

2019/08/28

ダイドーグループホールディングス(2590)は3営業日ぶりに反発。午前10時01分現在では前日比145円(3.5%)高の4275円で推移している。

 当社は自販機販売が主力の清涼飲料大手だが、27日の引け後に今2020年1月期の第2四半期累計(19年1月21日~7月20日)連結決算を発表。これが予想に対して底堅かったという見方から見直し買いが優勢になっている。同期の売上高は854億3800万円(前年同期比1.8%減)、純利益は12億2600万円(同33.7%減)だった。7月の低温傾向が影響して主力の国内飲料事業の売上が伸び悩んだほか、為替の円高が響いて海外飲料も減収だった。もっとも、5月下旬に発表した第1四半期(19年1月21日~4月20日)決算が低調だったうえ、通期予想は売上高1700億円(前期比0.9%減)、当期純利益24億円(同37.8%減)などと当初から大幅減益だった。このため、本日は買い戻しや見直し買いが流入している。