Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】マーベラスが冴えない ゲーム新作投入も買い続かず

2019/08/28

東証1部上場でアニメやゲームなどのコンテンツを制作するマーベラス(7844)が朝高後、マイナス転落。午前9時2分には14円(1.8%)高の791円まで買われたが、午前11時15分時点では3円安となっている。前日にプレイステーション4向けソフトの投入を発表したが、買い続く勢いはない。

 フィンランドのレメディ・エンターテインメント社が開発し、当社が日本での販売権を獲得した「CONTROL(コントロール)」を12月12日に発売する。CONTROLは、超能力を駆使して戦う三人称視点のアクションアドベンチャーゲーム。パッケージ版とダウンロード版に加え、追加ダウンロードコンテンツの「デラックスエディション」では限定コスチュームなどがセットになった商品も発売する。

 当社株は今年2月以降、下落トレンド入り。8月6日には年初来安値の713円まで売られた。足元ではやや持ち直しているものの、75日移動平均線(803円)が上値抵抗線となっている。