Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】今年初の6連騰 金融株が総決起

2019/09/10

 10日の東京市場は日経平均が2万1392円10銭(△73.68)、TOPIXは1557.99(△6.88)。
 前日の米国市場は高安まちまち。東京市場は日経平均が45円高でスタート。米長期金利上昇で為替が1ドル=107円20~40銭付近と前日よりドル高・円安に振れ、株式市場は終始買いが先行。日経平均は昨年12月以来、今年初の6日続伸となりました。
 東証1部売買高は14億1720万株。売買代金は2兆2702億円。値上がり銘柄数は1357、値下がり銘柄数は729。TOPIX業種別騰落率は、銀行、鉄鋼、証券、石油石炭、鉱業など24業種が上昇。医薬品、サービス、不動産、精密、陸運など9業種が下落。
 個別銘柄では、三菱UFJ、みずほ、第一生命、野村など金融株が軒並み高。トヨタ、パナソニック、コマツなど輸出関連もおおむね堅調でした。一方、武田、三菱地所、JR東などディフェンシブ系が冴えず。