Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】サムコがS高買い気配、今7月期純利益は2.3倍増の予想

2019/09/11

サムコ(6387)がまとまった買い注文を集めて買い気配値を切り上げ。午前9時49分現在で値幅制限いっぱいの前日比150円(181.%)ストップ高となる978円の水準で値がつかないまま買い気配となっている。

 当社は半導体など電子部品製造装置の開発・製造を手がけるが、10日の通常取引終了後に前2019年7月期決算を発表。これは8月20日に下方修正していたとおり大幅減益で着地したが、同時に公表した今2020年7月期の業績予想では一転して利益倍増以上の大幅増益を見込んでいることが明らかになり、ポジティブサプライズと受け止められている。

 前期は売上高が前の期比9.7%減の49億3600万円、当期純利益が47.1%減の2億1500万円だった。CVD装置の売上が半減し、エッチング装置も減収となった。今期については売上高が62億円(前期比26%増)、当期純利益は4億9000万円(同2.3倍)と、08年7月期に記録した最高益(4憶9700万円)に迫る水準に急増すると予想している。