Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ケーヨーが続伸、2Q利益予想の上方修正を好感

2019/09/11

関東を地盤とする大手ホームセンターのケーヨー(8168)が続伸。午前11時15分時点では前日比16円(3.4%)高の492円で推移している。

 10日の引け後に現在集計中である今2020年2月期の第2四半期累計(19年3~8月期)の利益予想の上方修正を発表しており、寄り付きから好感買いが増加した。売上高は従来予想の582億円から555億5500万円(前年同期比8.9%減)に下方修正したが、営業利益は1億円から2億7000万円(同7.3倍)、純利益も7億5000万円から11億円(前年同期は3億1200万円)にそれぞれ上方修正した。天候不順が響いて売上高は伸び悩んだが、DCMホールディングスと取り組んできたDCM棚割導入改装の推進などによって想定以上に粗利益率が改善したという。投資有価証券売却益を特別利益に計上したことで純利益が膨らんだもよう。現段階で会社側は先行きの予想は変えていないが、当期純利益で7億円(前期比2.0倍)を見込む通期予想が上振れると期待する投資家が増えているようだ。