Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】住友商事が新値追い、9月末50円配予想で年間利回り5%台

2019/09/12

住友商事(8053)が6日続伸の動きで連日の年初来高値更新。午後1時41分現在では前日比6円(0.3%)高の1761.5円で取引されている。

 とくに新規の材料が出たわけではないが、全般相場の反発トレンドを追い風に割安修正の動きが継続。米中摩擦激化による世界景気の減速懸念がやや和らいできたこともあり、戻り待ちや短期の利益確定売りを吸収して戻りを試す展開となっている。

 輸送機・建機、生活・不動産両事業を牽引役に今2020年3月期の当期純利益は3400億円(前期比6.1%増)に拡大すると会社側では予想しており、1株利益も272円に増加する見通し。今期は創立100周年の記念配当10円を第2四半期末(9月末)に付加し、普通配当と合わせた年間配当は前期比15円増の90円とする計画。これらを基にした11日終値でのPERは6.4倍、配当利回りは5.1%などと、もともと割安な水準にあることが買い戻しや見直し買いを誘発している。第2四半期末の50円配当だけでも利回りは2.8%超となる。