Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ツルハHDは5日ぶり反落、好調な1Q決算受け材料出尽くし

2019/09/18

ドラッグストア大手のツルハホールディングス(3391)は5営業日ぶりに反落。午前11時12分現在で前日比520円(4.3%)安の1万1650円で推移している。

 17日の引け後に発表した今2020年5月期の第1四半期(19年5月16日~8月15日)連結決算は好調な内容だったが、株価はこれを先読みする形で17日には年初来高値まで買い進まれており、きょうは材料出尽くし感から短期的な利益確定売りに押されている。同期決算は売上高が2088億0500円(前年同期比9.3%増)、純利益が87億2700万円(同20.8%増)と同期として過去最高益を更新した。ドミナント戦略に基づく地域集中出店と既存店舗のスクラップアンドビルドを推進したことで期首から27店の新規出店と29店の閉店を実施。既存店の改装やPB商品の拡充効果も収益拡大につながった。売上高8200億円(前期比4.8%増)、当期純利益261億円(同5.1%増)の通期予想などに変更はない。