Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】イグニスがプラス転換 下方修正も見直し買いか

2019/09/18

マザーズ上場でスマホ向けアプリを企画制作するイグニス(3689)がプラス浮上。午前10時40分時点では前日比13円安の1027円と軟調だったが、午前11時10分時点では19円(1.8%)高の1059円と買いが先行している。前日の取引終了後、今2019年9月期通期業績予想を減額修正し、一旦は売られたものの、その後は見直し買いが入っているようだ。

 通期売上高は従来予想の60億円を55億円(前期比12.8%増)、営業損益は3000万円の黒字予想から7億円の赤字(前期は25億3200万円の赤字)に転落、最終損益は500万円の黒字予想から3億5500万円の赤字(同26億5100万円の赤字)に転落する。スマートフォン向けゲーム『でみめん』、ブラウザゲーム『猫とドラゴン』の売上高が想定を下回って推移しているうえ、研究開発費もかさんでいるという。