Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ダイセキ環境が急反発、減益予想から2桁増益予想に上方修正

2019/09/19

土壌汚染処理を手がけるダイセキ環境ソリューション(1712)が買い先行で急反発。午前9時41分時点では前日比36円(5.5%)高の687円で推移している。

 18日の通常取引終了後に今2020年2月期の第2四半期累計(19年3~8月期)および通期の連結利益予想の上方修正を発表しており、寄り付き段階から好感買いが増加した。通期予想は売上高を従来の147億1200万円から141億5000万円(前期比0.3%減)に下方修正したが、当期純利益は5億2000万円から6億3000万円(同12%増)に増額。従来の減益予想から一転して2桁増益予想に修正した。主力の土壌汚染処理事業で一部案件の遅延などが響いて売上は伸び悩んでいるが、弥冨リサイクルセンターの稼働率向上などで採算が改善しているという。