Logo stockvoice

Market Overview

終始強気 3週間ぶり高値

2018/07/13

 13日の東京市場は日経平均が2万2597円35銭(△409.39)、TOPIXは1730.07(△20.39)。
 前日の米国市場は主要3指数が反発。1ドル=112円台の円安も追い風となり、日経平均は209円高でスタート。上海も崩れず、後場は一段高。ザラ場ベースで6月21日以来3週間ぶりに2万2600円台に乗せました。
 東証1部売買高は12億7836万株、売買代金は2兆5472億円。値上がり銘柄数は1547、値下がり銘柄数は473、変わらずは80。TOPIX業種別騰落率は、石油石炭、電気ガスの2業種のみ下落。上昇率上位は、サービス、繊維、精密、化学、ガラス土石など。
 個別銘柄では、トヨタ、ソニー、NTTなど主力銘柄に買いが先行。決算が好感されたファストリは7%近い上昇で日経平均に128円分のプラス寄与。値上がり率上位は、Olympic、グノシー、古野電気、コスモス薬品、Sフーズなど。
 半面、安川電、SMCなど設備投資関連の一角が軟調。値下がり率上位は、トウキョウベース、IDOM、セラク、インテリックス、デザインワンなど。