Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】鳥貴族が安い 9月月次が不振 足元の過熱感も意識か

2019/10/08

鳥貴族(3193)が続落。10時45分時点では前日比93円(3.8%)安の2340円となっている。前日発表の9月度の月次報告で既存店売上高が21カ月連続で前年同月割れ。これをネガティブに取る向きが強く、チャート上では大きめの陰線を引いて売られている。

 9月の既存店売上高は前年同月比0.1%減。客数は2.1%増と4か月ぶりに前年同月を上回ったが、客単価は2.2%減と弱く、全体の売り上げ減につながった。当社の今2020年7月期はまだ始まったばかりだが、今期開始後の2か月間の累計の既存店売上高は前年同期比2.3%減、客数は0.4%増、客単価は2.7%減となっている。

 当社株は2017年12月以降緩やかな下落トレンドに入ったが、今年3月に1478円で底を打ってからは反転トレンドを形成。8月末終値と比べ、10月7日までの上昇率は13.6%に達している。足元では短期的な買われ過ぎ感も意識されているもよう。