Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】2万1500円回復 半導体株買われる

2019/10/08

 8日の東京市場は日経平均が2万1578円78銭(△212.53)、TOPIXは1586.50(△13.75)。
 前日の米国市場では3指数とも小幅安。東京市場は日経平均が119円高でスタート。前日の米国や連休明けの中国市場の落ち着きを背景に終始買いが先行し、2万1500円の節目を回復しました。
 東証1部売買高は11億1328万株、売買代金は1兆9104億円。値上がり銘柄数は1711、値下がり銘柄数は372。TOPIX業種別騰落率は、保険、電気ガス、空運の3業種のみ下落。上昇率上位は、精密、金属、石油石炭、繊維、紙パルプなど。
 個別銘柄では、韓国サムスン決算を好感したのか、東京エレク、アドバンテスト、SCREENなど半導体関連がしっかり。トヨタ、日立、コマツなど輸出系の主力銘柄も強含みました。半面、SOMPO、東京海上など保険株の一角が冴えず。