Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】スーパーのヤマザワが安い 天候不順影響で2Q減額修正

2019/10/09

東証1部上場で東北地方を地盤とする食品スーパー、ヤマザワ(9993)が反落。10時50分時点で前日比28円(1.6%)安の1649円付近で推移。足元で下値サポ―トとなっていた25日移動平均線(1652円)を割り込んでいる。前日の取引終了後、集計中の今2020年2月期第2四半期累計(19年3~8月)業績予想の減額修正を発表しており、これが嫌気されているようだ。

 売上高は従来予想比0.1%減の549億2300万円(前年同期実績558億8200万円)、営業利益は30.3%減の2億4400万円(同2億200万円)、純利益は64.0%減の7200万円(同1億100万円)とした。曜日ごとの販促強化などで売上高は会社側予想をほぼ達成したが、給与の高止まりや天候不順による相場高で利益は圧迫されたという。