Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】アーレシティが大幅続落、今3月期業績・配当予想の減額を嫌気

2019/10/18

ダイカスト大手のアーレスティ(5852)が売られて大幅続落。午前9時38分現在で前日比32円(5.6%)安の537円で東証1部の値下がり率銘柄ランキングのトップとなっている。

 17日の引け後に今2020年3月期の第2四半期累計(19年4~9月期)および通期の連結業績と配当の予想の下方修正を発表しており、寄り付きから嫌気売りが増加した。通期業績は売上高が従来の1340億円から1234億円(前年同期比15.1%減)、当期純利益も17億円から2億円(同52.5%減)にそれぞれ減額した。自動車販売の減速を背景にダイカストの販売量が国内・海外ともに弱含みで推移しているという。併せて年間配当予想も22円から18円に修正した。第2四半期末が10円から8円に、期末配当も12円から10円にそれぞれ減額した。信用取引で買いついていた投資家が手じまう動きもあるとみられる。