Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】くら寿司が3日ぶり反発、今10月期末配当の10円増額を評価

2019/10/18

くら寿司(2695)が買われて3日ぶりに反発。午前11時18分現在では前日比55円(1.2%)高の4480円で推移している。

 当社はロードサイド型の回転ずし店「くら寿司」を直営展開しているが、17日の引け後に今2019年10月期の期末配当予想を従来の1株あたり30円から40円に上方修正すると発表しており、これを前向きに評価した買い注文が優勢になっている。米国子会社が8月1日にナスダック市場に上場したことを受けて、30円の普通配当に加えて10円の記念配当を実施することにした。

 17日終値での配当利回りは0.9%と決して高くはないが、足元の業績動向に対する会社側の自信の表れとして買い安心感を誘っている。18年後半からの株価下落によってPERなど指標面の割高感も解消されており、個人投資家なども下値を拾いやすくなっているようだ。