Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】福井コンHDが大幅反発、売り上げが想定超え上期予想上振れる

2019/10/21

建築・測量土木CADで最大手の福井コンピュータホールディングス(9790)が大幅反発した。一時は2827円まで上伸し、6月11日の年初来高値2674円を更新した。午前11時18分現在、前営業日比64円(2.50%)高の2621円で推移している。

 18日に、2020年3月期の上期(19年4~9月)の連結業績予想を増額修正し、好感された。営業利益は従来予想の20億0600万円から28億2900万円(前年同期比47.0%増)に、純利益は同13億3000万円から19億4400万円(同37.2%増)に上振れた。測量関連製品やITソリューション事業の選挙出口調査システムの売り上げが当初想定を上回った。通期予想については、経営環境の動向を踏まえ、中間期の決算発表時に改めて公表するとしており、通期計画の増額修正期待が膨らんだ。